住宅ローン無事に完済・・ヤレヤレ

 現役時代は、転勤が多く、お金もなく、なかなか、住宅を取得できなかったが、53歳の時に、家内の助けがあったので、思い切って、、今のマンションを購入した。

 購入した時は、1部屋、1000万程度だったのて、4LDKで、4000万程度だった。

 すべてを現金で、というわけにはいかず、1500万ほど、住宅金融公庫から、25年ローンで借りて、購入した。

 ローンは、毎月、7万円程度になるように設定した。

 このため、1500万円に、利息分が、700万円ほどプラスされた。

 途中、退職した時に、300万円ほど、まとめて返済したので、結果的には、19年で完済できた。

 無事に完済できたので、抵当権を抹消してもらうため、近くの司法書士事務所に出向き、手続してきた。

 なお、併せて、住宅の表記が変更されているので、それも手続してもらうことにした。


 定年退職したのが、11年前なので、定年後に、900万円強、返済したので、生活費への充当もあって、退職金は、使い果たしてしまった。これからは、年金だけで、やりくりしながら暮らしていくことになる。

 まあ、いずれにしても、大きな借金が返済できたので、ヤレヤレである。

※退職金の一部を年金で受け取るというのが、当たり前のようになっていたので、私の場合も、そのようにしていたが、住宅ローンが残っている場合は、その時点で一括で充当しておいた方が、利息分が大きいので、結果としては、良かったようです。退職時点で住宅ローンが残っている場合は、私のような失敗をしないように、よく検討されることをお勧めします。






"住宅ローン無事に完済・・ヤレヤレ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント