スマホの3G、4G(LTE)とは? 2020年春予定の5Gとは?・・・調べてみた。

 4G(フォージー)とは複数の通信システムを総称した言葉で、第四世代を表す「4th Generation」の略称として用いられています。3Gよりも通信速度は速いとのこと。

※LTE(エル・ティー・イー)とは3Gより後に登場した通信規格で、長期的進化を意味する言葉「Long Term Evolution」の略称。3Gと4Gのちょうど中間に位置する通信規格であるため、3.9Gとも呼ばれますが、LTEを4Gと表す事業者も多く、現在は4Gとしてとらえても問題ないとのこと。


3G、4G(LTE)とWi-Fiの相違点は通信距離。

3Gや4G(LTE)とは異なり、Wi-Fiは電波の届く範囲が数十メートル程しかない。

3G、4G(LTE)は遠くにある基地局を利用して通信をするのに対し、Wi-Fiは近くにある無線LANを利用して通信するという違いがある。Wi-Fiを活用すれば、スマホの毎月利用できるデータ通信量を節約することができるので、自宅や外出先などで積極的に利用する人が多い。Wi-Fiは使える場所は限られるが、活用すると格安になる。


 一方、2020年春から予定されている5Gは、AIを活用した第五世代のネットワークであり、下図のような使い方になるとのと。右派、人からAへということのようです。5Gは、「超高速」「超大容量」「超大量接続」「超低遅延」という特徴がある。


全画面キャプチャ 20200115 83019.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント