河内長野に、最年少の女子テニスプレーヤー

画像


河内長野に、最年少の女子テニスプレーヤーが誕生したということで、元巨人の宮本投手が、レポーターとして実家を訪問していた。

 「つじ・かなみ」という河内長野市出身で、まだ中3年生とのこと。大変楽しみな選手がすぐ近くに誕生したので、うれしいニュースであった。今後の大活躍を期待したい。これから、テレビでも度々、その活躍が報じられるようになるだろう。それにしても海外遠征費用の500万円程は、個人の負担だそうだ。若い芽をもっと多く育てられるようにスポーツ振興費で賄われるようになるといいのだが?

 丁度、クルム伊達選手が現役に復帰していて、全仏オープンテニス1回戦で、ディナラ・サフィナ(ロシア)を破ったばかりであり、テニス界にとっては、明るい話題である。また、男子も錦織選手が二回戦に進んでいるようだ。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント