ハッピーフライト

画像


 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」に続く矢口監督作品とのこと。少し喜劇的な印象の作品であったと思うのは、綾瀬はるかや田辺誠一の弱気なキャビン・アテンダントやパイロットが描かれていたからであろうか。

 また、窓際族状態のオペレーション・ディレクターを演じる岸部一徳や、毎日が面白くなくて早く辞めたいと思っているグランドスタッフ役の田畑智子などの演技も楽しめた。

 それにしても、たった一羽の鳥の影響で、大事故一歩手前に陥る飛行機のために、それらを追い払うという仕事があったことを初めて知った。また、整備工具がひとつなくなっても、全員で探すという、当たり前ではあるが、それだけ大切なことであるということも描かれていてよかったと思う。

 注目している綾瀬はるかは、今回のような気弱な役は、やはり、はまり役のようだ。

この記事へのコメント