テーマ:映画

相棒 劇場版Ⅳ

 映画館では見れなかった、「相棒 劇場版Ⅳ」が、TVで放映されていたので視聴した。  「7年前、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織によって誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は“高度な政治的判断”によって、その誘拐事件を闇に葬っていた—&#82…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライトゲーム

 TVで放映していたのを録画しておいた、フライトゲームを観た。  高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。  ニューヨーク発ロンドン行の旅客機に、警備のため搭乗した航空保安官ビル。  しかし、離陸直後、ビルの携帯電話に「1億5000万ドル送金しなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北のカナリアたち」を観た

 吉永小百合の、北の三部作(北の零年、北のカナリアたち、北の桜守)の、北の桜守が公開されるのに先立って、2作目の北のカナリアたちが放映されていた。  北の零年は、字幕を作成した時に、何度も観ていたが、北のカナリアたちは、まだ、観ていなかった。  私の年代では、吉永小百合については、青春のサユリストがたくさんいたし、今もおられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ

 観たかった映画だったが、映画館には行けなかった。  たまたま、TVで放映されていたので、録画しておき、視聴した。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。 首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、 海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。 その後、海上に巨大不明生物が出現。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の証明(2017年版)

 人間の証明、2017年販を観た。  「かあさん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね」というセリフが、思い出される映画で、これまでにも、何度か映画になっているようですが、今回、2017年版を見ました。  「東京・赤坂にある「東京ロイヤルホテル」のエレベーター内で、胸部を刺されたまま乗り込んできた黒人青年ジョニー・ヘイワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は(アニメ版)

 君の名は(アニメ版)を観た。  話題になっていた、「君の名は」をやっと見る機会がきた。  70歳台の私にとって、「君の名は」と言えば、真知子と春樹との恋愛にドラマだったので、どういう展開なのか、楽しみにしていた。  「東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨[25]地方の山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメイジング・スパイダーマン2

 アメイジング・スパイダーマン2を録画しておいて視聴した。  「スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、グウェン(エマ・ストーン)との関係も好調なピーター(アンドリュー・ガーフィールド)だが、旧友のハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がニューヨークに戻ってきたのを機に、充足していた生活が微妙に変化していく。そんな折…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペイルライダーとザ・シークレット・サービス

 久しぶりに1週間、予定の無い日が続いたので、昔懐かしい、クリントイースドウッドの作品を録画しておき、視聴した。  まずは、西部劇のペイルライダー  「ゴールド・ラッシュでにぎわうカリフォルニアの無法の町を舞台に、町の権力者を一掃する流れ者の姿を描く西部劇。製作・監督は主演も兼ねる「シティヒート」のクリント・イースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジュラシック・ワールド」

 ジュラシックワールドを観た。    世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。  恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。  知能も高い上に共食いもする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙の追撃

 久しぶりに、ステーブン・セガールの沈黙シリーズの映画を観た。  沈黙の追撃という映画だった。  ※作品情報より、    南米のテロ組織を壊滅すべく結成された7人の戦争エキスパートが、陸・海・空を舞台に闘いを繰り広げる戦争アクション。  主演は「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガール。  共演に「ソー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルヴァリン

 超人ウルヴァリンを扱った映画でした。  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。  不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイノリティ・リポート

 西暦2054年、ワシントンDC。という設定  政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用し、大きな成果をあげていた。  それは、“プリコグ”と呼ばれる3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が実際に起きる前に犯人となる人物を捕まえてしまうというもの。  ジョン・アンダート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトアウト

 ホワイトアウトを観た。  織田裕二主演の「ボクの妻と結婚してください。」が、4年ぶりの映画として公開されることを記念して、「ホワイトアウト」が、TVで放映された。  「辺り一面、雪に覆われた12月。  日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダムの作業員・富樫は、同僚の親友・吉岡と共に向かった遭難者の救出の途中、吹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーホワイト/氷の王国

 スノーホワイト/氷の王国を観た。  グリム童話の「白雪姫」を大胆にアレンジして描いたアクションファンタジー「スノーホワイト」の続編。  ハンターのエリックを主人公に、前作でスノーホワイトとエリックによって滅ぼされた邪悪な女王ラヴェンナの過去や、ラヴェンナの妹で「氷の女王」と呼ばれるフレイヤの存在を描く。  か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GODZILLAを観た

 怪獣映画の『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。  突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を描いていた。  あらすじは、1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意する。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

 黒澤明監督の傑作『隠し砦の三悪人』のリメイク版  切羽詰まった状況下で、それぞれ身分の異なる若者たちが果敢に敵に挑む姿を描いていた。  主演に嵐の松本潤、自国の運命を握る姫役に長澤まさみ、姫とともに行動する侍を阿部寛が演じていた。  戦国時代、小国の山名は隣接する大国早川陥落を狙い、まずはもう一つの隣国である…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アントマン

 マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。  体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む映画だった。  ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリーらが出演していた。  小さな体を生かしながら、強大な悪を倒していくアントマンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予告犯

 この映画は、「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。  法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。  インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争

 第3作目の図書館戦争という映画が公開されるのにあわせて、旧作がTVで放映された。  第1作目『図書館戦争』は、防衛省・陸上自衛隊・航空自衛隊の全面協力を受けて実写映画化された。  主演は岡田准一と榮倉奈々。  悪影響を与えるメディアへの取り締まりが法制化された2019年の日本を背景に、  武力行使も辞さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿の惑星:新世紀(ライジング)

 冒頭、猿のウイルス(ウイルス研究で、猿をモルモットとして使用したことから生まれたウイルス)によって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球という設定であった。  サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世間では有名らしいけど見てない映画Top5というニュース

 世間では有名らしいけど見てない映画Top5という記事を見た。  社会人男女500人に、「世間では有名だけど自分は見ていない映画があったら、その映画のタイトルを教えてください」というアンケートを行ったところ、316人から回答があったとのこと。  トップ5は、  ここで、  「アナと雪の女王」は、レンタルD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレフィセント

 ディズニーアニメ『眠れる森の美女』では、オーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー映画を観た。  マレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。  監督は、『アバター』などのプロダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖怪人間ベム

 テレビ版の妖怪人間ベムは、毎週観ていたが、DVD版を観ていなかったが、たまたま、観る機会があった。  お馴染みの、怪異な姿に正義の心を持つ妖怪人間のベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)は、名前の無い男(柄本明)との戦いで、人間になることよりも人間を手助けしていくことを選び、あてもなく放浪していた。  そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

劇場版 ATARU

 劇場版ATARUを観た。  テレビを放映されていたのを毎週観ていたが、劇場版を見逃していた。  中居正広がサヴァン症候群がもたらす特殊能力を備えた男を熱演し、好評を博した連続ドラマ「ATARU」の劇場版で、ずば抜けた記憶力と観察力、そして推理力を持つ主人公アタルが、警察さえさじを投げた難事件に挑む姿を映し出すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ホタルノヒカリ

 TVドラマでは、毎週見ていたが、映画が放映されていたので、録画しておいたのを見た。  今回は、干物女の蛍が、結婚した高野部長と、イタリアへ新婚旅行に行くという話であった。  その旅先で、イタリア版干物女とでもいうべき莉央(松雪泰子)と弟の優(手越祐也)と出会い、おかしな親睦を深めることになった。  そんな折、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOME 愛しの座敷わらし

 テレビで放映していたのを録画していた。  愛しの座敷わらし  どういう形で現れるのだろうと見ていた  先ずは、東京から盛岡に転勤(左遷)になった水谷豊の家族  慣れない田舎で、戸惑う家族  そんなところに、現れた、座敷わらし  現れた家の人たちを幸福にするという噂どおり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年H

 水谷豊、伊藤蘭夫婦が、夫婦役で出演した、「少年H」を録画していたので、視聴した。  昭和初期の神戸が舞台になっていた。  神戸は、現役時代に生活していたところなので、懐かしく、私が、まだ、生まれていなかった19421年から物語は始まった。  洋服仕立て職人の父・盛夫(水谷豊)とキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ テジョヨン 134話を見終わった

 渤海国を建国した英雄テジョヨンの一代記だった。  高句麗が等に滅ぼされ、様々な苦難の末、高句麗の民と共に、新しく渤海国を建国するという話だった。  渤海国という国があったことは、私の歴史の記憶になかったので、このドラマのような経緯で誕生したということを初めて、知った。  月~金と、毎日、録画していたので、週末…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アナと雪の女王

 日本での興行収入が、2014年7月6日時点で、246億円を突破し、累計の観客動員数は1860万人を超え、『ハリー・ポッターと賢者の石』を上回り日本歴代3位、世界歴代5位となり、記録的な大ヒットとなっている映画で、アニメーション映画としては世界歴代1位とのこと。また、アカデミー受賞作品でもあるようだ。  日本語版では、アナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒 X DAY

 今までの相棒は、水谷豊が中心で進行していたが、このドラマは、伊丹刑事が、サイバー犯罪専門の捜査官とタッグを組み、事件に立ち向かうというドラマだった。  性格も捜査手段もすべてが相反する二人が、ぶつかり合いならも巨大な陰謀渦巻く事件の真相に迫っていくというもので、伊丹刑事を演じる川原和久と相棒シリーズ初登場の田中圭がコンビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more