ホームページビルダー16で、サイトや転送設定が消えた

 ホームページビルダー16を使っていて、サイトや転送設定が消えるという現象に出逢った。  何度か、設定し直したが同じだった。  そこで、以前から使っていて一度も、このようなトラブルに出逢わなかった、ビルダー14に戻した。  これで、様子を見てみようと思っている。  ただ、また、消えるとイヤなので、サイトや転送設定を保存することにした。  隠しフォルダーのAppDataのRomingの中に、IBMまたはJustというフォルダーがあり、
画像
 この中の対応するビルダー14またはビルダー16の中にsiteというフォルダーがあるので、これをそのまま、保存することにした。  トラブルが発生すれば、この保存しておいたもので、上書きすればよいとのこと。
画像
※トラブルは、Just Systemが開発するようになったと思われる、ビルダー16や17でも発生しているようである。 ※ちなみに、発生したOSは、Windows Vistaである。 ※翌日確認してみると、またまた、サイト一覧が消えていた。  そのため、再度、インストールし直し、最新への更新はせずに、様子を見ようと思っている。  一日経過したが、今の所、何とか残っているようだ。 ※結局、その後、またまたまたま、消えるという現象に見舞われた。何度か再設定していて、どうも、Yahooサイトを登録した時、xxxxのファイルがありますというようなメッセージがでて、一応OKになるのですが、翌日には、全部きえているという現象だったので、問題となった、Yahooのサイトは、サイト登録しないようにしてみました。これで、しばらく様子を見ていますが、3日経っても何とか消えないで残っています。 ※その後も何度も発生し、その度に、保存しておいたものをもとに戻す形で利用していた。ただ、どうやら、インデックスがおかしくなっていた可能性もあり、9/18にインデックスを再構築したので、さらに、この状態で様子を見てみようと思っている。  インデックスの再構築については、「http://aozora60.at.webry.info/201409/article_33.html」に関連記事あり。 ※インデックスの再構築をして、しばらくは、OKだったが、また、転送設定が消えた。 (9/24)   やはり、バックアップしておいたものを復旧させるしかなさそう。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:04Comment(0)

Yahoo HPの転送設定について

 先週、6/25頃に、Yahooジオシティーズがリニューアルされたのが影響して、今まで設定していた転送設定のままでは、ホームページが更新されないという現象が発生していた。  どうやら、FTPサーバー名でのサブドメイン入力設定はなくなり、ホームページアドレスが「www」とサブドメインのいずれの場合も、転送先として、「ftp.geocities.jp」を使用するようになったようだ。  また、FTPソフトのユーザーIDは、Yahoo! JAPAN IDに統一されたようだ。  以前の設定のままに利用していると、転送先フォルダーが、「/xxxx」となっているため、正しく転送されないことが分かった。  この時は、ホームページビルダーにて、転送時に、転送先が、「/」になっていない場合は、右側の参照ボタンを押して、接続先を確認し、「/」に変更しないといけないようだ。  なお、転送設定を作成しなおせば、いちいち、転送時に確認する必要もなくなるようなので、知人の設定も確認してみようと思っている。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 06:59Comment(0)

ホームページビルダーのサイト情報がおかしくなった

 ホームページビルダーのサイト情報がおかしくなり、転送設定が消えてしまったり、再度、サイト登録をしても動作がおかしくなった。  そこで、ホームページビルダーが提供している、hpbclean.exeを利用して、サイト情報だけをクリアしてから、再設定することで、無事に元に戻ったようだ。
画像
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:45Comment(0)

画像に韓国語の文字を重ねて、ホームページに挿入する方法

 画像に韓国語の文字を重ねて、ホームページに挿入する場合、  ウェブアートデザイナーで、韓国語が使えれば問題はないが、  トライしてみたところ、テキスト文字として挿入できない。  そこで、ワードで、画像とテキストボックスで作成した文字を重ねてから、  SnippingToolで、画像として切り抜いて保存し、それをホームページビルダーにて、  所定の場所に貼り付ければよいことがわかった。  このとき、気を付けなければならないのは、  ワードの表示オプションで、画面に表示する編集記号をすべて外しておくことである。  こうしておかないと、あとで、SnippingToolで画像にした時、編集記号も画像の一部になってしまう。
画像
 また、画像は、背面に、テキストボックスは、前面かつ、線なしにしておく。  また、文字サイズや画像のサイズは、ホームページで使用するサイズにしておくことが大切である。  ホームページに貼り付けてから、拡大や縮小をすると、文字がぼやけてくることがあるからである。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 12:39Comment(0)

ホームページビルダーの編集画面とプレビュー画面の違い及び韓国語表示のOSによる違い

 ホームページビルダーの編集画面とプレビュー画面の違い及び韓国語表示のOSによる違いについて整理してみた。  まず、編集画面の表示サイズは、ツールのオプションにある表示のフォントで変更できる。  プレビュー画面は、インターネットエクスプローラーとリンクしていて、  インターネットエクスプローラーの表示の文字サイズとリンクしている。  従って、編集画面のサイズがどんなサイズであっても、プレビュー画面の表示サイズで、閲覧者は、見てくれている。  閲覧する人によって設定サイズは、異なるので、作る側としては、「中」で、違和感なく見れればいいのではないかと思っている。  最近、韓国語表示で、Windows Vista(画面の解像度が、1280*800)と、Windows8(画面の解像度が、1366*768)とで、表示サイズが微妙に異なることが分かった。Windows8の方が、半角の英文字と同じように、小さく表示される。以下にその例を掲載する。  まず、正常だと思われる、Vistaの編集画面では、
画像
 小さく表示される、Windows8の編集画面では、
画像
 どちらも、プレビュー画面は、日本語の全角文字と同じ高さのサイズで表示される。
画像
 どうやら、Windows8の編集画面では、英数の半角文字と同じように、小さく表示されているように見える。  この現象を、ジャストシステムにぶつけてみたが、調べる様子はなく、単に、大きいサイズ(フォント18程度)で、編集すれば、誤差が少なくなるとの回答だった。残念な結果だ。そんな大きなサイズで作成すれば、文字のバランスもおかしくなり、いちいち、プレビュー画面と行ったり来たりしなくてはならない。まあ、せいぜい、我慢できるサイズとしては、14程度かなと思う。  一方、Wordでは、韓国語の文字の占めるサイズが、大きくなっていた。  ホームページビルダーも、本来、このような設計をしておかないといけないのではないだろうか。
画像
 
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:07Comment(2)

ビルダーのスライドショーの表示位置

 ホームページビルダーの写真や画像の挿入で、スライドショー形式にすると、  実際の表示位置が物理的な位置になる。
画像
 また、ウェブアニメーターで、同様に入れ替わるようにすると、相対的な位置に表示される。  例えば、ビルダーで作成している時、中央になるようにスライドショーを配置したとする。
画像
 これを実際に、Internet Explorerで見てみると、ズレていることが分かる。
画像
 こんな時、上と下の画像を揃える場合は、説明文やアニメーターで作成した画像を左揃えにしておき、スライドショーの位置に合わせておけばよい。ただし、大きな画面でみた時は、右側が大きく空くことになる。  自動的に入れ替わるスライドにしたい場合は、アニメータで作成するとよいでしょう。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:44Comment(0)

ワードで作成した文字入り画像をビルダーで利用する方法

 ワードで作成した文字入り画像をビルダーで利用する方法には、Snipping Toolなどの切り抜きソフトを使って画像として保存する方法があるが、編集記号を一旦、非表示にしないとそのまま、画像になってしまう。  ただ、いちいち、表示/非表示を切り替えるのは面倒なので、  画像をコピーし、ウェブアートデザイナーに貼り付けてから、ビルダーに送るようにしている。
画像
 なお、画像を拡大縮小したいときは、ビルダーの中で、拡大縮小すると、文字がぼけてしまうので、必ず、ウェブアートデザイナーで再編集して利用するようにするとよいことが分かった。  ビルダーで拡大したときは、
画像
 ウェブアートデザイナーで、再編集して送りなおしたときは、
画像
 なお、ウェブアートデザイナーやビルダーの中でも、いくつか吹き出しは使えるので、それ話使えば、拡大縮小しても文字がぼけることはない。ただし、ウェブデザイナーや吹き出しの作成で編集しなおすことが必要である。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 16:57Comment(0)

Webブラウザでの非互換について

 Webブラウザとして、一般的には、Internet Explorerを使われている方が多いと思います。  ただ、いろんなWebブラウザがあり、最近、よく使われるようになったのが、Mozilla FirefoxやGoogle Chromeがあります。  ホームページを作成するとき、中級以上の方になると、直接、HTML言語で記述されることがあり、さまざまな面白い動きなどをさせることが可能となります。  私のような初級レベルの者でも、そのHTMLコードを利用させていただけるサイトもあり、基本的には、コピーして、自分のホームページに貼り付け、所定の画像に変更するだけで簡単に利用できるようにしてくださっています。  ただ、それらのコードがいつ作成されたかによって、いろんなブラウザでテストされたとは限らないことがあり、正しく表示されないという場合もあります。  私は、ホームページビルダーを使って作成しますが、このようなコードを利用させていただいた場合、Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefoxの3つのブラウザで正しく表示されているかを確認するようにしています。  その結果、うまくいかない場合は、その機能は使わないようにしています。  特に、レイアウト枠や音楽、Java Script、Flash playerなどが絡むとうまくいかないという経験をしています。  HTMLコードは、基本的に 使わないないようにしていますが、YouTubeの埋め込みコードとマウスストーカーの埋め込みコードなどは、試してみてうまくいくようなので使用しています。 ※JavaやFlash playerやWebブラウザのバージョンアップで、うまくいかなくなるケースも度々、体験していますので、一度、うまくいっても、継続的にうまくいくとは限らないということも体験していますが、同じような体験をされるている方たちがたくさんいらっしゃることもあって、しばらく待っていると、そのうち、解消されるということも体験しています。  おかしくなったときは、上記、3つのWebブラウザを使い分けるようにしています。幸い、今まで、3つ共、おかしくなったという体験はありません。  みなさんの参考になれば・・・・・
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:29Comment(0)

ビルダーではzipファイルを画像フォルダーとして認識しない

 ダウンロードしたzipファイルを参照すると、  解凍ソフトが入っていれば、解凍後、新しいフォルダを生成して、その中に画像ファイルなどの解凍後のファイルを展開してくれる。  ところが、解凍ソフトが入っていない場合、zipファイルをクリックすると、展開されて中の画像ファイルなどは参照できるが、閉じると、また、そのままのzipファイルである。  このため、ホームページビルダーなどで画像参照しようとすると、画像ファイルが入っているかもしれないフォルダとしては認識できず、関係のないファイルとしてスキップされてしまう。    解決策は、解凍ソフトをインストールしておくことであるが、  そのまま使用したい場合は、Windows標準で開いてから、展開されたファイルを、別の所、画像であれば、ピクチャにコピー保存することで、ビルダーのような他のソフトから参照できるファイルとして認識されるようになる。  まあ、いちいち、移し替えるのも面倒なので、解凍ソフト(例えば、Lhaplus、Lhacaなど)をインストールしておくことをお勧めしたい。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:31Comment(0)

初詣をアニメ&スライドで・・・

 初詣(千代田神社)の様子をアニメ形式で、作成してみました。
画像
 また、ホームページで久しぶりにスライド移動にトライしてみました。  こちらは、初詣の西代神社、千代田神社と宵戎の長野神社の様子です。  しばらく使わなかったので、最初、戸惑いました。  ホームページのサイトは、→ http://www.jcmo.zaq.ne.jp/ffbje405/hatumode.html です。  
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 10:14Comment(0)

四季のいろんな画像を自動的に入替え

 撮りダメしてあった画像の中から、20枚程を選択して、自動的に入れ替わるようにしてみました。  ホームページビルダー16の画像の挿入にあるFlashタイトルで実現してみました。   → http://www.geocities.jp/aozora60jp/flash/newpage1.html
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 16:36Comment(2)

画像に触れるとアニメに、クリックするとページが開く

 画像に触れるとアニメに、クリックするとページが開くように設定してみました。   → http://www.geocities.jp/aozora60jp/kawaru.html    設定は、ホームページビルダーで、触れるとアニメに変わるようにするには、オーバーレイ効果で、gif画像を指定し、併せて、リンクの効果で、同じgif画像を設定してみました。  リンクについては、gif画像ではなく、ページを設定する方が一般的ですが、今回は、ページを作成するのをサボッて、直接、gif画像を設定してみました。   ※追加です  下記サイトの一覧のトップ行にある画像がアニメ(画像が入れ替わる)になっています。    マウスを近づけてそのままにしていると数秒間隔で空の風景が入れ替わり、クリックすると、そのアニメのページへ・・・   → http://www.jcmo.zaq.ne.jp/ffbje405/sora/sora_top.html
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 10:26Comment(0)

9月も半ば、夏空が今にも雨に変わるかも・・・

 9月も半ばになって、まだまだ夏日が続いている。  また、晴れたと思っていたら、急に雷雨の夕立になるという日が続いている。  今日も、今のところは、晴れているが、何時降り出すか分からない。
画像
 そんな空を4枚つなぎ合わせて、1枚の画像(上の画像)にしてから、Flash機能を使って、左へ移動させてみました。  Flashのサイトは、「http://www.geocities.jp/aozora60jp/20120915natusora.html」 ※この日の夕方、予報通りの雷雨になった。本当に毎日、何時雨が降るか分からない不安定な天気が続いている。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:01Comment(0)

マイホームページのご訪問カウントが、「2」並び

 マイホームページ、ホームページ自身の内容更新は、月、1,2回ですが、長年のご愛顧で、今日、「2」並びに遭遇しました。ご訪問いただいている方たちに、御礼申し上げます。
画像
 ここ数年、ブログ、twitterは、ほぼ、毎日投稿していて、最近、YouTube、Life-X、facebookにも参加し始めたので、ホームページの方まで、なかなか手が回らなくなっていますが、できる限り、内容更新に努めたいと思っています。ホームページから、これらの投稿記事や画像には、リンクを張っていますので、お時間のあるときに閲覧していただければと思います。  本日の夕焼けの様子(2枚をパノラマ結合してみました)。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 20:33Comment(0)

複数枚の写真を並べてみました

 ホームページビルダーに付属のツールに、「ウェブアートデザイナー」というソフトがあり、毎日、便利に使っている。  今日は、6枚の写真を並べてみました。
画像
 今回は、2行3列、同じフォトフレームで並べてみましたが、背景画像を入れて、その上に、複数枚の写真を回転させて並べたり、異なるフォトフレームを使ってみたりと、色んな変化が楽しめるソフトです。また、面倒なレイヤなどという考え方はなく、ただ、表示する順番(どの写真を上にし、どの写真を下にするか)の入れ替えだけで思うような複合画像が作成できます。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 11:53Comment(2)

ウェブアートデザイナーで手書き絵に挑戦

 facebookの友達になった人が、手書きの絵葉書を掲載されていたので、それに刺激を受けて、私も挑戦してみました。  その方は、パソコンに付属のPhotShopでしたが、私のパソコンには、入っていなかったので、普段ホームページの作成などで使っている、「ウェブアートデザイナー」で挑戦してみました。  左の花がマウスを使っての手書き絵で、右の二つは、素材から入手して貼り付けてみました。
画像
 また、ワードでも挑戦してみました。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:45Comment(2)

Googleの検索画面が面白い

 今日のGoogleの検索画面、何やら、いつもと違って、絵の画面になっていた。※この日一日だけの掲載だった。  何かなと思って、マウスを動かしていると、右のドアのところで、「スタートレック46周年」という箇所があった。
画像
 クリックすると、次の画面にも、マウスでクリックできる箇所があり、左上隅では、丸いものがこぼれ落ちてきた。また、右下のコンピュータシステムのようなところをクリックすると、次の画面に移動した。
画像
画像
 次の画面では、怪獣を倒すようになっていて、2つ程、武器を打てる箇所があって、怪獣を倒すと、Googleの文字が現れた。※怪獣の画面は、省略しますので、皆さん、ぜひ、トライしてくださいね。
画像
 しばらくすると、「スタートレック」の検索結果画面になって終わり。 ※今、テレビで放映されている、小栗旬主演の「リッチマン、プワーウーマン」に出てくるパーソナルファイルというインタフェースを思い起こさせるインタフェースであり、世の中のホームページもこのようなインタフェースになったら、子供から大人まで、毎日、ワクワクをしながらインターネットができると思った。ただ、ドラマでも問題になっていたが、お金がかかりすぎるという問題はありそうだが、少しずつでもこのようなインターフェースが増えてくれればいいと思う。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:19Comment(0)

teacup掲示板の作成

 ホームページビルダーの「その他の挿入」で、「掲示板」を設定すると、teacup by GMOの掲示板を利用することができるようなので、設定してみた。  いざ、掲示板を開いてみると、「投稿記事数の上限に達しました」という記述があって、投稿することができなかった。  teacupの管理者メニューを見て、色々と触っていると、「機能の設定」というメニューがあり、「投稿モード設定」のところが、「管理者のみ投稿」になっていることがわかったので、「即時掲載」に変更しておいた。  こうすることで、無事に掲示板に投稿できるようになった。
画像
※しばらくは、Freeで使ってみて、気になる問題がでてくるようであれば、この「機能の設定」でガードできることもわかったので、その時には、対応したいと思っている。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 15:50Comment(0)

パノラマ画像をスライド移動

 画像をスライド移動移動するのに、ホームページビルダー14までは、ツールのHotMediaクリエータで行っていた。  ビルダー16にアップしたところ、HotMediaクリエータがなくなっていた。  ただ、「写真や画像の挿入」のメニューに、「Flashタイトル」というのがあったので試してみた。
画像
   ここで、画像を追加する。今回は、2枚の画像を追加してみた。
画像
 画像を追加後、最初に表示させる画像を一番上に移動し、効果で、「右からスライドイン」を選択した結果、
画像
 なお、効果のところで、効果時間と画像表示時間の設定もしておいた。効果は、他にも、色々とあるようなので、画像毎に異なる効果を利用してもいいと思います。
画像
 また、画像がパノラマ画像で大きかったので、表示設定で、800*412に変更しておいた。
画像
 出来上がった結果は、下記のサイトにアップしています。  「http://www.geocities.jp/aozora60jp/flash-rei1.html」 ※ 複数舞の画像を使う場合は、縦横が同じサイズのものを使用すること。異なった場合は、一番大きな画像に合わされて自動調整されるため、背景色が、前後または、左右に現れることがある。    
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:35Comment(0)

Webページの背景を消す

 Webページによっては、背景と全面の文字の関係で文字が見にくいことがある。  そんなとき、背景を消すことで、文字がはっきりと見えるようになる。  私のホームページで試してみました。  設定は、Internet Explorerの「インターネットオプション」の「ユーザー補助」を選択する。
画像
 次に、「Webページで指定された色を使用しない」にチェツクを入れる。
画像
 この設定をすることで、元々のページから
画像
 背景の色が消えて、文字が見えやすくなる。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:09Comment(0)

ウェブアートデザイナーで、複数画像を加工

 ホームページビルダーに付属しているウェブアートデザイナーで、複数の画像を組み合わせてみました。  まず、四角の枠を描き、「図形の編集」で、「塗り潰しのみ」とした。
画像
 次に、「塗りつぶしの色」でテクスチャを選択
画像
 次に、テクスチャの種類を選択
画像
 あとは、複数の画像をテクスチャ化したキャンバスに配置して出来上がり
画像
 画像は、楕円で切り抜いたものを残したり、回転させたり、フォトフレームをつけたりすることもできる。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:56Comment(0)

ホームページ掲載画像のコピーガードについて

 ホームページに掲載した画像のコピーを禁止したいとの相談がありました。  ここには、色んな方法があるようですが、結論は、どんな方法を講じても、表示されている画像は、キャプチャできてしまうということです。  音楽も同じです。パソコンで聴けるかぎり、録音ソフトを使ってその音楽を録音することができます。  もちろん、いずれも、著作権でいえば侵害になりますが、個人が、自分の楽しみだけにコピーしたり、録音したりすることまでは避けられません。  要は、コピーされたくない画像や音楽は、ホームページに掲載しないということです。  また、どうしても掲載する場合は、警告として、「断りなく転用は禁止します」というメッセージをホームページに明示しておくことくらいしかないように思います。 ※YouTubeなどのような動画も、すべてではないのですが、録画ソフトを使うことで、簡単に録画ができてしまうようです。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 07:49Comment(0)

ホームページの縦書き

 ホームページで、詩や短歌を掲載するとき、縦書きの方がよいことがある。  そんな時は、「その他の挿入」の「縦書き文字」を使用する。
画像
 次に、文字のフォントやサイズ、色などと共に、文字の間隔、行の間隔、行の文字数、段の行数などを必要に応じて設定し、好みの縦書きを作成する。  文字を入力してから、プレビューすることで、gif画像が作成される。
画像
 なお、作成したgif画像を画像として拡大したり、縮小したりすると、画像としての拡大・縮小になるので、文字に、濃い部分と薄い部分が出てきたりする。
画像
 そんな時は、画像の上で右クリックし、「縦書きの編集」を選択してから、改めて、拡大・縮小したい文字を選択して、サイズを変更すれば、通常の文字として、拡大・縮小される。  下記の例では、サイズ 11を16に拡大してみた例である。
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:46Comment(0)

ホームページを非公開に!

 「ホームページを非公開に」というタイトルにしましたが、  本当は、ポームページの形にして、購入した音楽もふんだんに盛り込み、自身で楽しみたいということです。ホームページをアップして非公開にできないかと調べてみたが、同様な悩みを持っておられる方も多数おられ、結局、アップしてしまうと公開することになってしまうということでした。    答えは、ひとつ、ホームページは作成するが、自身のパソコン上にのみ保存しておき、楽しみたいときに閲覧するということです。  自分のパソコンにおいておくだけで公開はしないので、音楽や動画を組み込んでいてもいいし、サイズもいくら大きくなっても構わないので、自由に作成できると思います。もし、パソコンに十分な容量がない場合は、外付けのハードディスクに保存しておけばよいでしょう。    音楽のダウンロードや二次的利用などが問題となってきている昨今、自身が購入した音楽をパソコン上で、ただ聴くだけでなく、ホームページの中に組み込み、公開はせず、個人で楽しむことまでは規制されてはいないと思います。 ※友人が訪ねてきたときは、作成したホームページを一緒に楽しむこともできそう。
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:41Comment(2)

ホームページビルダーのバージョンアップ

 ホームページビルダーのバージョンアップをしたいとのことで、バージョンアップ版を購入された。  さて、インストールしようとすると、シリアル番号の他に、User IDを入力するようになっていた。  元々は、IBMから発売されていたバージョン9を購入され、次に、バージョン11にアップされていた。  User IDをいれるようになったのは、JUSTシステムから発売されるようになったバージョン12からのようだ。  このままだとインストールできないので、サポートセンターに電話して確認したところ、バージョン11までのユーザーは、製品版を購入し、新規としてUser IDを登録するようになっていたらしい。  ホームページビルダー16は、Amazonで購入されたものであるが、購入時点で、そのような注意書きは、なかった。  さて、どうするか困ったが、幸い、ホームページビルダー14のバージョンアップ版が手元にあったので、まず、14にアップすることにし、後は、User IDを取得するだけになった。14へのバージョンアップ時には、User IDの入力は、なかった。  問い合わせをした窓口の方が上司に相談されたのだと思うが、今回限りということで、User IDを発行していただき、何とかインストールすることができた。    今回は、特別に対応していただき何とか使えるようになったが、ライセンス問題を含めて、メーカー側も、もっとわかりやすくしておいてもらいたいと思った。  ※なお、購入者限定ということで、3台までは、インストール可能ということになっているようだ。  
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:33Comment(2)

Life-X登録アルバムをホームページに貼り付け

 Life-X登録アルバムをホームページに貼り付けようとしたが、プレビューではうまく表示できなかった。貼り付ける方法は、Life-Xに登録したアルバムのブログ用のタグをコピーして、ビルダーでページの表示したい位置に、htmlソースとして貼り付けた。  色々と調べていて、セキュリティのガードがかかっているようだったので、Webブラウザの許可サイトに登録することにしたところ、表示できるようになった。  貼り付けたホームページは、「http://www.jcmo.zaq.ne.jp/ffbje405/life-x-albam.html」 です。  IEの場合は、ツール→インターネットオプション→セキュリティ→信頼済みサイト→サイトに、Life-Xアルバムのサイトを追加することでOKとなった。
画像
 なお、念のため、Firefoxのツール→オプション→セキュリティ→許可サイトにも追加しておいた。  ※ウェブリブログの場合、記事には掲載できなかったが、ブログ用のタグをコピーして、表示項目設定のフリースペースに貼り付けることで表示できるようになった。     
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 10:30Comment(0)

紙芝居風にしてみました

 Power Pointを使って、紙芝居風のものを作成してみました。  下記サイトをクリックし、「紙芝居風」を選択してください。  その後、「開く」にすると、Power Pointが起動します(起動しない場合は、Power Pointのビューワーをインストールしてから開いてください)。  開くと、「編集を有効とする」のチェックがIEの場合、上のバーの下にでていますので、有効にしてください。  紙芝居を見るには、スライドショーを実行し、その後、クリックするとスライドが変わったり、下に説明のテキストが挿入されます。  掲載サイトは、「http://www.geocities.jp/aozora60jp/index.html」です。  では、観心寺の星祭の様子をお楽しみください。     
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 11:22Comment(0)

YouTubeアップロード画面が変わった

 YouTubeアップロード画面が変わったようです。  アップロードから、埋め込みコード取得までが、簡単になった。
画像
画像
画像
画像
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 08:12Comment(0)

読み上げに配慮したHP

 ホームページを作成するとき、バリアフリーを考えなければならない公共のホームページは、どのような配慮がされているか確認してみた。  地元の河内長野市のホームページをVoice Popperという読み上げ機能のあるソフトで読み上げてみると、読み上げ部分のソースが見れるので確認することができた。  まず、市のトップページは、
画像
 この中から、「くらし」を選択した場合、
画像
 この2つを見ると、メニュー部分が重複していて、本文に到達するのに、また、同じようなリンク情報を聞かなければならない。  これをVoice Popperで閲覧してみると、
画像
 上の赤で囲った部分に、「ナビゲーションを飛ばして本文へ」へのリンクが用意されており、すでに、トップページで確認したメニュー部分を飛ばして本文を閲覧できるようになっていた。  このような心遣いは、当然ではあるが、まだまだ、見栄えを重視して、バリアフリーになっていない公共のホームページが存在するのは、残念なことである。  最近、目にした公共のホームページの中に、基本がブログで作成し、ホームページのように見せているものがあり、ページURLに日本語を使っている。  ところが、これをVoice Popperのような読み上げソフトでは、ページが見つからないということになってしまっている。世界共通であるホームページのURLに、日本語を使うことは考えられない。少なくとも、今まで、みたことはなかった。ただ、サーバーによっては、可能としているところがあるようですが、まだまだ、特殊なケースのようです。  そのこともあってか、ホームページビルダーのようなソフトでホームページを作成して、転送すると、英数しか利用できないために、エラーチェックしてくれている。  
posted by 楽夢大喜(kitasun) at 11:04Comment(0)