政治と金

鳩山総理や小沢幹事長の政治と金が、国会開会で色々と取りざたされている。

この中で、一国民として疑問点がいくつかある。

鳩山総理については、贈与税を払うくらいなら、政治に必要なお金を子供たちにわたす方法として利用されたのではないか。これは、とんでもないことである。追徴課税を払えば済むという問題ではない。

小沢幹事長については、個人のお金だとして、何故、現金で4億ものお金を自宅に置いているのか。これも所得税逃れとしか思えない。もし、所得税を払っているのなら、堂々と銀行に置いておいて支払えば済む話である。どうしても隠し金としか思えない。

次が、最大の疑問であるが、政党助成金を税金で取得していながら、それ以外に何故、選挙に金がかかるのか。いや、何故、金をかけるのか。政党助成金の範囲で、どうして、お互いが選挙で戦わないのか。この前の衆議院議員選挙も、多くの国民は、金をもらったから民主党に投票したのではない。

繰り返すが、この前の衆議院議員選挙は、小沢氏の秘書の問題について、国民が納得したから民主党に投票したのではない。小沢氏がいなくても、自民党の長年のやり方の不備が見えてきたのと、民主党に元気のいい若手が多数でてきたので、民主党に任せてみようと思った人が多かったと思っている。

まあ、今の政府の殆どの方は、自民党から離れた人なので、自民党で問題だと言われた一端の責任も負っているはずなので、こうなることは自然の成り行きかも知れない。

民主党には、旧自民党ではない若いメンバで閣僚を構成して、国民のために、政策を実現していって欲しい。





完全ドキュメント 民主党政権
毎日新聞社
毎日新聞政治部

ユーザレビュー:
歴史が動いたことを知 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"政治と金" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント