君の名は(アニメ版)


 君の名は(アニメ版)を観た。

画像


 話題になっていた、「君の名は」をやっと見る機会がきた。

 70歳台の私にとって、「君の名は」と言えば、真知子と春樹との恋愛にドラマだったので、どういう展開なのか、楽しみにしていた。

 「東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨[25]地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。」というところから始まった。

 要は、お互いが、お互いの名前を知らずに、入れ替わるというものだった。

 それに、ハレー彗星が、糸守町に落ちるという光景も描かれていた。

 男の子と女の子が入れ替わるという題材は、今までにも取り上げられていたが、

 今回は、夢の中で入れ替わるという設定であった。

 アニメではあったが、楽しく見ることができた。

この記事へのコメント