「ジュラシック・ワールド」

 ジュラシックワールドを観た。

 
画像


 世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。

 恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。

 知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。

 そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。

 ・・・というところから始まった。

 子どもたちが、襲われて逃げた後の様子

画像


 孫が、恐竜者が好きなので、録画して観ていたのを、私も観た。

 ハラハラ、ドキドキで、楽しく見せてもらった。

 それにしても、遺伝子操作で、このようなことができるとなると、将来は、大変、厳しい世の中になりそう。

 いい意味で使われれば、ガンのような病気の克服につながるが、

 このような面白半分的な見世物としてや

 戦争などに使われると大変怖いと思った。


 孫は、メガ恐竜展に行ってきた。

画像


この記事へのコメント