選挙区の区割りのニュース

画像


 東京のある選挙区の区割りのニュースを見た。

 番地で、区割りが変更になるという。

 人口の問題もからんでいるようだ。

 ただ、同じ町に住む住民の代表を選択するのに、これでは、何かおかしいと思う。

 同様のことが、小学校区の見直しでも起こっている。

 孫の通う学校は、つい最近、区割りが変わり、同じマンションの子供たちが、

 二つの学校に分断されている。

 どうせ、分けざるを得ないのなら、一つのマンションの子供たちは、

 一斉に、転向も含めて、はっきりさせた方がよかったと思う。

 また、市では、まちづくりに取り組んでいるが、

 小学校区単位で行っているため、

 先の選挙の区割りと同じように、同じ町に住む住人が別の町に編入され、

 これでは、まちづくりにも影響が出てくる。

 事実、小学校区が変わっても、経過措置なる中途半端な施策で、

 子どもたちは、別々に通っている現状では、どちらのまちづくりの情報すら、目にすることがない。

 これらを見てくると、単に、人数で、区割りや学区を決めているだけという、非常に安易な施策のように思う。

 人口減が、すべての引き金ではあるが、全国、どこにでも起こることであり、

 ますます、日本全体がおかしくなっていくのではないだろうか。


 こうなれば、人の住む地区というものを整理し、バラバラに存在している現状を集約するような施策を、長期的な見地で取り組んでいく必要があるように思う。




この記事へのコメント