韓ドラ ホジュン ~伝説の心医(全68話)

 韓ドラ ホジュン ~伝説の心医(全68話)を見終わった。

画像


 人物相関図は、

画像


 このドラマは、2013年に、「ホジュン 宮廷医官への道 全64話 」で観たものだったが、キャストも変わっていて、「心医」ということがテーマになっていた。

 民のためには、何もいとわないという「心医」という精神が浮き彫りにされていたように思う。

 ただ、相変わらずの政権争いや出世争いなども描かれていた。

 なお、ホジュン(許浚)という人物は、医学には大いに貢献された方である。

 東医宝鑑(とういほうかん、東醫寶鑑、トンイボガム、동의보감)という、李氏朝鮮時代の医書。23編25巻。許浚著。1613年に刊行された。

 日本では江戸時代初の官版医書として、徳川吉宗の命で享保9年(1724年)に日本版が刊行されており、寛政11年(1799年)にも再版本が刊行されている。

 中国においては清代の乾隆28年(1763年)に乾隆版本が刊行されており、日本から版木が輸出され光緒16年(1890年)に日本再版本を元とした復刻本が出ている。

 詳細は、Wikipediaの「https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%BB%E5%AE%9D%E9%91%91」にあります。















この記事へのコメント