石原元都知事の証人喚問は、予想通り

 豊洲新市場に向けての、石原元都知事の証人喚問、

 無関心ではいられず、Liveで視聴した。

 ど素人の私でも事前に予想できた通りの結果だった。

 元々、数年前に脳梗塞を発症しておられ、見ていても病み上がりだという人を担ぎ出したことも疑問。

 冒頭、脳の海馬の話を持ち出して、記憶にないということを前提にしていたようにも見えた。


 石原都都知事には、何の力がないこともはっきりしたように思う。

 豊洲移転のような重要なことは、部下に任して、

 暇があるから、都内を歩いて、XXXをしたというような話も出ていたが、あきれてものが言えなかった。


 都内を歩いて調査することこそ、部下に任せて、

 自身は、重要な豊洲移転に時間を割くべきであったはずだと思うのは、私だけだろうか。


 病み上がりの人を証人にするのではなく、直接、当時の決定に関わって、

 知事にハンコを押させた連中を引っ張り出さないと意味がない。


 審議会とか議会とかで、当然議論して決定しているのだから、

 何故、そう判断したのか、彼らに聞けばいいはず。

 石原氏は、ハンコを押すだけの人なんだから・・・


 元々の発端は、地下に空洞を作ったことから、色々と問題になってきている。

 空洞を作って、対応せざるを得ないことが分かっていた、

 または、予想できたから、そうしたのだろう。


 科学者か技術者か知らないが、彼らも嘘をついているか、見識がなかったか、

 それほど、訳の分からない土地だったかのいずれかだろう。


 今日も石原氏が、盛んに強調していたが、

 地下水だから、問題はないと、何故、言い切れるのだろうか。

 福島原発とは、また異なるが、似たようなことが・・・

 長い時が経たないと、その影響は図ることができないのではないか。


 でも、はっきりしたことは、一人のリーダーが、すべてを取り仕切ることはできないということと、

 その裏で、色んな闇が隠れているということだろう。

 だから、伏魔殿というような言葉がささやかれるのだろう。


 こうなったら、関連者を取り調べるようなことをしないといけないが、

 警察組織ではないので、闇に葬られることの無いよう、

 今後の証人喚問に、僅かな期待をしたい。


 なお、築地が危ないから早く移るべきという話も出ていたが、だからこそ、豊洲へ移転しようとしたはずなので、論点のすり替えのような気がした。


 もう一つ理解できないのは、移転前の測定で、8回も連続で問題がなかったとのことであるが、これも、大変おかしい話である。隠したか、出ない箇所のみ測定したか、移転させるための裏工作があったのかもしれない。


 とにかく、理解できないことばかりである。






この記事へのコメント