マンションの管理人の仕事の範囲について


 居住しているマンションの周りに、水利組合の水路がある。

 今までは、季節ごとに水利組合の方たちが、清掃されていた。

 ところが、水利組合の水路としての利用がなくなったことから、

 水瓶として使用されていた溜め池を売られた。

 ただ、水路を埋めるということはされていないので、

 マンションの外周に沿って水路が残っている。


 さて、ここからが問題です。

 造成地の土砂が、マンションの出入り口近辺で溜まってしまっている。

 見栄えもよくないので、片付けて欲しいと、数年にわたり、総会などで問題提起していたが、

 管理は、水利組合であるが、なかなか動いてもらえないという返事で、そのまま・・・


 仕方なく、市の市民の声に投稿し、取り上げてもらうことができた。


 誰が責任かを確定するには時間がかかるようなので、

 自分たちで、気になっている土砂を片付ければ、土砂は取りに来ていただけることになった。


 さて、管理会社を通して、管理人にお願いしたが、全然進まない。

 仕方なく、私自身で、スーパーの袋に土砂を詰めておいて置き、

 市に取りに来ていただけるように連絡をしていただいた。


 ただ、個人でできない部分の土砂については、何とかして欲しいとお願いはしている。


 次に、何故、管理人が作業しないかという点についてであるが、

 管理人の仕事は、敷地内だけであるという返事だった。


 ここで、少し疑問があり、敷地の周辺で、住民が日々、通る通路については、

 敷地側の者が、気になったら、清掃するのが当然であると思う。

 決して、市の管轄だからと言って、ごみが溜まったりしたときに、そのままにはしていない。

 それが、マンションであれば、何故、こだわるのかが分からないので、

 担当の方に、質問として投げかけている。


 通路は、持ち主が市であろうと、水利組合であろうと、住民は、日々、利用させていただいている。

 そこに溜まった、ごみや土砂は、日々、片付けておけば、今回のように、大量に(10cm程度の厚さに)溜まることもなかったように思う。


 自分の家であれば、自分でやるが、

 マンションであり、かつ、費用を払って、管理業務をお願いしているので、

 ふつうは、住民は、何もしなくてよいはず?


 以上、とりとめもないことを書いてきたが、

 一度、土砂を片付ければ済む話が、

 何故、グダグダと長引くのか、

 世の中の個人主義も、ここまで来たかと嘆かわしく思い、記事にしました。





この記事へのコメント