歩いていると、後ろから自転車が???

 歩道を歩いていた。

 急に、後ろから、自転車に乗った方が、

 何の合図もなく、脇を通りすぎようとして、ぶつかりそうになった。

 自転車の方は、バツが悪いのか、

 あっと言って、通りすぎて行った。

 もし、私が、少しでも、寄れていたら、ふたりとも、ケガは免れなかった。

 自転車の方が、高齢の方だったので、転ければ、大怪我になっていたかもしれない。、


 自転車が歩道を走ることは、法律で禁止されたが、

 私の個人的な意見は、歩道走行こそ、ルールにすべきだと思っている。


 高齢ドライバーの事故も多発している現状では、とても、車道を走れるものではない。

 ただ、現行のルールでは、もし、歩行者とぶつかって、ケガをさせれば、

 自転車側が加害者になってしまうということを認識しないとダメだが、

 どうも、国民全体として、周知徹底されていなくて、認識していない自転車走行が目立つ。


 歩道を走行する場合は、歩行者がいれば、

 自転車を降りて、会釈して、通りすぎてから、また乗車するということを守ればよいと思う。



 今回は、軽い接触で、双方にケガなどの影響はなかったが、

 結構、スピードも出ていて、通り抜けてしまおう軽く考えておられたように思う。

 謝りもせず、さっさと通って行ったのが、その証拠である。


 今回の接触は、歩行者には、後ろに目がないということから起こったことである。

 通り過ぎたければ、車道に出るか、ベルを鳴らすか、降りて、会釈して通り過ぎるかであろう。


 一部の歩行者の多い歩道を、我が物顔に自転車走行する人がいて、

 それが、事故につながったことで、車道走行をルールにしたようだが、

 何かが、間違っているようにも思う。


 色々と書いてきたが、常識として、当たり前の行動を取るという教育が、

 小さい頃から出来ていないことが理由なのかも知れない。

 考えなくても、後ろから、狭い歩道をスピードを出して通り抜けることなどできないはず。


 常識を教えない、点数至上主義教育の欠陥なのかもしれない。

 小学生の孫の宿題の出し方を見ても、想像がつく。

 毎日、毎日、同じように、宿題を出す。

 遊びたい盛りの子供達にとって、苦痛にすらなっているようにも思う。







 

この記事へのコメント