NHK朝ドラ、ごちそうさん 第9 週 「君をあいス」

 今週は、焼き氷りという食べ物を通して、 「君を愛す」と「アイス」がかけられていた。

画像


 悠太郎(東出昌大)の父の過去を巡って、西門の家を追い出されることになるが、焼氷屋「うま介」のところに、希子と一緒に転がり込み、美味しい焼き氷を売り物にしていく過程と、悠太郎の本心を聞くことができて、愛されていることを告げられ、また、西門に家に戻ることができたという話であった。


 希子が、澄んだ声で、焼氷の歌を歌うという場面もあった。

 オドオドしていた希子が、元気になる様子も描かれていた。

 
 ところで、焼き氷、コーをかけて焼き目に似せていただけだったが、お酒をかけて燃やしたり、梅酒を使ったりと、工夫されていて、美味しそうだった。

 焼氷の歌に、食欲をそそる言葉が並んでいた。

画像



 参考 → http://www1.nhk.or.jp/gochisosan/story/



この記事へのコメント

ふらフラガール
2013年12月02日 14:03
希子ちゃんが、美しい声で歌っているのが嬉しくて、聞き惚れていましたが、歌詞まで、ちゃんと分かっていませんでした。こんな楽しい歌詞だったのですね。
噴火した山のように見立てているのだと分かり、「何でも、アイデアだなあ」と感心しました。ホント、食欲をそそられますね。
悠太郎とめ以子が、元の鞘に戻り、良かったですね!
楽夢大喜(kitasun)
2013年12月02日 15:54
ふらフラガールさん、コメントありがとうございます。
色々なことがありますが、少しずつ、いい方向に向かっているようです。