ガリバー旅行記

画像


 子供のときからよく知っていたガリバー旅行記、映画になっていたのを観る機会があった。

 ニューヨークの新聞社で郵便係として働く、うだつのあがらない役どころであった。

 たまたま、バミューダ・トライアングルの取材旅行に行く事になり、途中、バミューダ沖で嵐に遭遇し、小人たちが暮らすリリパット王国に流れ着くという流れになっていた。

 そこで、囚人として捉えられたガリバーが、その体の大きさを活かして敵国の襲撃を蹴散らし、英雄として扱われるようになるというハッピー物語であった。

 筋書きが分かっていても、楽しく見ることのできる映画であったというのが、私の感想である。


 ガリバーの大きさの様子は、以下の画像で感じていただけると思う。

画像


画像

この記事へのコメント