ベンジャミン

画像


 「老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ。」という筋書きだけは、以前から聞いていたが、今日、全体を視聴してみた。

 成長が逆転するという筋書きは、冒頭に出てきた、子供の戦死を嘆き悲しむ時計職人が逆回りする時計を作ってしまったというエピソードが、ああ、そうなんだと思わせるものであった。

 きっと、後戻りのできない人生を生きている私たちにとって、時計を逆回りさせれば、また、若い時に戻れるという夢を実現させる映画でもあったように思う。

 人によっては、50歳から、歳をひとつずつ引いていくことにしているという話を聞いたことがある。そうすると、0歳(すなわち、100歳まで生きる)になって、人生をまっとうするという願いでそうされているのだろう。


この記事へのコメント