252生存者あり

画像


 レスキュー舞台の活躍と葛藤を描いた作品ということで、興味があって視聴した。観測史上最大の巨大台風に襲われる東京を舞台に、未曾有の災害に直面した人々の姿を描くパニック映画であり、新潟中越地震のトンネル崩落事故の奇跡の救出劇をベースにしているとのこと。
 レスキュー隊隊長を務める兄を内野聖陽、かつてハイパーレスキュー隊隊員だった弟を伊藤英明が演じ、脱出と救出の立場から極限下におかれた人間の葛藤が見事に描かれていた。久しぶりに映画を見ながら感動して、涙した映画であった。

 あらすじは、関東に直下型地震が発生して数週間後、都心の機能は回復しつつあったが、地震の影響で海水温度が急上昇し、史上最大規模の巨大台風が発生するという設定で、元ハイパーレスキュー隊員の祐司(伊藤英明)は、娘(大森絢音)の誕生日を祝うために、妻(桜井幸子)と銀座で待ち合わせをしていたが、突然巨大なひょうが降ってきて、高潮が発生し、地下に海水が流れ込むという、現実にも起こっても不思議ではないと思った。

 この映画は、他に、山田孝之、木村祐一、香椎由宇、山本太郎、阿部サダヲ、温水洋一、西村雅彦、松田悟志、杉本哲太などが演じていたが、それぞれが、緊迫感の中に置かれた人間模様を見事に演じていたように感じた。

 なお、題名の252とは?と思いながら観ていたが、レスキュー隊の信号で、2・5・2というモールス信号的な合図で、生存者がいるということを意味していた。



この記事へのコメント