アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
シン・ゴジラ
シン・ゴジラ  観たかった映画だったが、映画館には行けなかった。  たまたま、TVで放映されていたので、録画しておき、視聴した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 08:44
人間の証明(2017年版)
人間の証明(2017年版)  人間の証明、2017年販を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/11 08:13
君の名は(アニメ版)
君の名は(アニメ版)  君の名は(アニメ版)を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/10 07:08
アメイジング・スパイダーマン2
アメイジング・スパイダーマン2  アメイジング・スパイダーマン2を録画しておいて視聴した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/28 07:12
ペイルライダーとザ・シークレット・サービス
ペイルライダーとザ・シークレット・サービス  久しぶりに1週間、予定の無い日が続いたので、昔懐かしい、クリントイースドウッドの作品を録画しておき、視聴した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/19 07:27
「ジュラシック・ワールド」
「ジュラシック・ワールド」  ジュラシックワールドを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/07 07:43
沈黙の追撃
沈黙の追撃  久しぶりに、ステーブン・セガールの沈黙シリーズの映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 17:20
ウルヴァリン
ウルヴァリン  超人ウルヴァリンを扱った映画でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/12 07:17
マイノリティ・リポート
マイノリティ・リポート  西暦2054年、ワシントンDC。という設定 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/06 06:45
ホワイトアウト
ホワイトアウト  ホワイトアウトを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/03 07:22
スノーホワイト/氷の王国
スノーホワイト/氷の王国  スノーホワイト/氷の王国を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/02 07:27
GODZILLAを観た
GODZILLAを観た  怪獣映画の『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/13 06:59
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS  黒澤明監督の傑作『隠し砦の三悪人』のリメイク版 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/02 07:00
アントマン
アントマン  マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/01 07:01
予告犯
予告犯  この映画は、「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 13:29
図書館戦争
図書館戦争  第3作目の図書館戦争という映画が公開されるのにあわせて、旧作がTVで放映された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/09 07:07
猿の惑星:新世紀(ライジング)
猿の惑星:新世紀(ライジング)  冒頭、猿のウイルス(ウイルス研究で、猿をモルモットとして使用したことから生まれたウイルス)によって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球という設定であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/15 07:15
世間では有名らしいけど見てない映画Top5というニュース
世間では有名らしいけど見てない映画Top5というニュース  世間では有名らしいけど見てない映画Top5という記事を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/25 07:16
マレフィセント
マレフィセント  ディズニーアニメ『眠れる森の美女』では、オーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/02 07:11
妖怪人間ベム
妖怪人間ベム  テレビ版の妖怪人間ベムは、毎週観ていたが、DVD版を観ていなかったが、たまたま、観る機会があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/13 07:25
劇場版 ATARU
劇場版 ATARU  劇場版ATARUを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/05 07:58
映画 ホタルノヒカリ
映画 ホタルノヒカリ  TVドラマでは、毎週見ていたが、映画が放映されていたので、録画しておいたのを見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/14 07:00
HOME 愛しの座敷わらし
HOME 愛しの座敷わらし  テレビで放映していたのを録画していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/26 07:06
少年H
少年H  水谷豊、伊藤蘭夫婦が、夫婦役で出演した、「少年H」を録画していたので、視聴した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/23 07:04
韓国ドラマ テジョヨン 134話を見終わった
韓国ドラマ テジョヨン 134話を見終わった  渤海国を建国した英雄テジョヨンの一代記だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/24 07:20
アナと雪の女王
アナと雪の女王  日本での興行収入が、2014年7月6日時点で、246億円を突破し、累計の観客動員数は1860万人を超え、『ハリー・ポッターと賢者の石』を上回り日本歴代3位、世界歴代5位となり、記録的な大ヒットとなっている映画で、アニメーション映画としては世界歴代1位とのこと。また、アカデミー受賞作品でもあるようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/17 06:45
相棒 X DAY
相棒 X DAY  今までの相棒は、水谷豊が中心で進行していたが、このドラマは、伊丹刑事が、サイバー犯罪専門の捜査官とタッグを組み、事件に立ち向かうというドラマだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/07 07:37
プラチナデータ
プラチナデータ  DNA解析を題材にした、プラチナデータを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/27 06:59
のぼうの城
のぼうの城  以前から観たかった、「のぼうの城」を観る機会を得た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/12 07:15
おおかみこどもの雨と雪
おおかみこどもの雨と雪  録画しておいたアニメ「おおかみこどもの雨と雪」を、1年生の孫と一緒に鑑賞した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/06 07:10
アイアンマン3
アイアンマン3  おなじみのアイアンマン、お正月前のひととき、レンタルして観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/30 07:50
ジャックと天空の巨人
ジャックと天空の巨人  孫とふたりで留守番することになり、丁度、レンタルしていた「ジャックと天空の巨人」を観ることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/28 17:01
柳生一族の陰謀
柳生一族の陰謀  字幕のない映画に、字幕を付与する作業をしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/17 07:10
カラスの親指
カラスの親指  阿部寛主演というので、レンタルしてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/30 07:01
ダブルフェイス 潜入捜査編
ダブルフェイス 潜入捜査編  以前、TBSで放送された『ダブルフェイス 潜入捜査編』、WOWOWで放送された『ダブルフェイス 偽装警察編』の二つがあるが、そのうちの潜入捜査編のDVDを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/28 08:22
踊る大走査線 THE FINAL 新たなる希望
踊る大走査線 THE FINAL 新たなる希望  踊る大走査線の完結編ということで、レンタルして視聴してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/25 07:02
ジプリの宮崎駿監督の作品
ジプリの宮崎駿監督の作品    ジプリの宮崎駿監督が、「風たちぬ」を最後の作品とすることが報道されていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/21 07:23
いけちゃんとぼく
いけちゃんとぼく  「いけちゃんとぼく」という映画に字幕を付与しようと、サークル仲間と共に、連日、確認作業に追われている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/02 07:22
この10年で、観た映画やドラマが400本を超えた
この10年で、観た映画やドラマが400本を超えた    この10年で、観た映画やドラマを出来る限りメモしているが、400本を超えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/02 07:21
あなたへ
あなたへ  録画していた、高倉健主演の「あなたへ」を見る機会があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/01 08:43
「ホビット 思いがけない冒険」を観た
「ホビット 思いがけない冒険」を観た  「ホビット」というのをレンタル店で見つけ、楽しそうな冒険物語だというので、借りてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/17 07:09
るろうに剣心
るろうに剣心  1994〜99年に、週刊少年ジャンプに連載され、テレビアニメ化もされて人気だった「るろうに剣心」の実写版映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/02 08:02
映画『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』
映画『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』  映画『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/26 07:37
レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル  昔懐かしい「レ・ミゼラブル」が気になって視聴した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/22 08:26
プロメテウス
プロメテウス  人類の起源に挑んだ、プロメテウスという映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/04 07:31
臨場 劇場版
臨場 劇場版  臨場 劇場版 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/12 07:59
花のあと
花のあと  「花のあと」という映画、DVDには、まだ字幕が付与されていなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/22 07:24
カールじいさんの空飛ぶ家
カールじいさんの空飛ぶ家  テレビ録画していた、ディズニー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」を孫と一緒に観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/07 08:27
ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!
ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!  最近、孫がゲゲゲの鬼太郎のファンになっていて、毎週のようにDVDをレンタルしてきて観ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/16 08:02
アメイジング・スパイダーマン
アメイジング・スパイダーマン  アメイジング・スパイダーマンを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/13 09:21
ダークシャドウ
 ジョニー・デップ主演の「ダークシャドウ」を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/13 07:53
ジョンカーター
 ジョンカーターという個人名の作品に興味があって視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 07:57
ダークナイトライジング
 バットマンの映画ということで、楽しみにしていた「ダークナイトライジング」を視聴したが、キャットウーマンもでてきて、2倍の楽しみとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 08:04
野良犬
 「野良犬」というタイトルから、田宮二郎の作品のリメイクかと思っていたが、どうやら、そうではなく、本家本元の1949年に三船敏郎で映画化(モノクロ)された野良犬のリメイク版とのことで、録画しておいたものを視聴した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/23 07:52
60 SECONDS
 ニコラス・ケイジとアンジェリーナ・ジョリーが出演している「60 SECONDS}という映画を視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 08:48
麒麟の翼-新参者
 「麒麟の翼-新参者」を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 08:50
アベンジャーズ
 「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」、「ハルク」などのヒーローが一堂に介するするアクション映画ということで、楽しみにしていたのがやっと手に入った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/05 08:16
スノーホワイト
 スノーホワイト(所謂、白雪姫)を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/13 08:50
ロボット
 天才工学者バシー博士が10年に及ぶ研究の結果、完璧な二足歩行型ロボットを生み出したという物語であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 08:22
おとうと
 吉永小百合と笑福亭鶴瓶が演じる姉と弟ということで見たかった映画をやっと見ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/09 10:16
星守る犬
 「星守る犬」という映画を観る機会があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 07:44
 小栗旬と長澤まさみが山岳救助隊員を演じた「岳」を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/27 09:07
シャーロックホームズ シャドウゲーム
 シャーロックホームズ シャドウゲームは、ロバート・ダウニー・Jr(「アイアンマン」)とジュード・ロウ(「コンテイジョン」)共演のヒット作「シャーロック・ホームズ」の続編で、最大のライバル、モリアーティ教授の陰謀に立ち向かうという映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/18 08:06
シャーロック ホームズ 海外TVドラマ シーズン1
 おなじみの探偵、シャーロックのTVドラマ シーズン1が放映されていたので、録画して視聴してみた。3話一挙の放映だったので、5時間ぶっ続けで視聴することになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 08:21
太平洋の奇跡
 太平洋戦争末期のサイパン島で、アメリカ軍にフォックスと呼ばれた大尉のことを描いた作品ということで、視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/09 07:58
武士の家計簿
 武士の家計簿は、幕末の武士の苦しい生活を描いた映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/26 09:12
火天の城
 戦国時代の名工・岡部又右衛という人物を描いていた火天の城を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/25 08:20
はやぶさ/HAYABUSA
 2010年6月13日に無事帰還した「小惑星“イトカワ”探査機 はやぶさ」を描いた映画を観る機械があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/16 08:40
1911を観た
 1911年の辛亥革命を取り上げた作品とのことで、楽しみにしていたが、やっと観る機会を得た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 08:18
ALWAYS三丁目の夕日'64
 昭和39年(1964年)。オリンピック開催を控えた東京が舞台の三丁目の夕日'64を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 07:42
山本五十六
 第二次大戦がどのようにして開戦となり、それに山本五十六という人物がどのようにかかわっていたかを描いた作品であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/29 08:52
三銃士
 17世紀のフランスとイギリスが舞台になっていた三銃士を見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/26 08:40
SP革命編
 SPの尾形係長などが革命を起こし、それを井上刑事部長達が阻止するというか、SP本来の仕事である警護を全うするという物語であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/23 08:52
アンフェア the answer
 篠原涼子主演のアンフェア、前回は、雪平刑事の子供も巻き込まれた、病院でのウイルス騒動が描かれていたが、今回は、どういう展開で進んでいくのか楽しみにしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/23 07:49
イテウォン殺人事件
 娘が借りてきた、今、日本で人気のあるチャン・グンソクが出演しているというので、「イテウォン殺人事件」を視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 08:49
日本でもトルネードの被害
 生まれて、そろそろ、70年になろうとしているが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/09 07:47
映画やドラマの暗がりの場面について
 映画やドラマを見ていて、暗がりの場面の描き方に疑問を感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/08 07:16
世界侵略 ロサンゼルス決戦
 「世界侵略」というキーワードに惹かれたSF好きの私、どんな宇宙人がでてくるのか興味を持って視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 07:57
丹下左膳 飛燕居合斬り
 字幕のない映画に字幕をつけて、聴覚に障がいのある方にその字幕を提供しているが、今回、「丹下左膳 飛燕居合斬り」を取り上げることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 07:43
天国はまだ遠く
 字幕のない映画に字幕をつけて、聴覚に障がいのある方にその字幕を提供しているが、今回、「天国はまだ遠く」を取り上げることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/24 19:56
楊家将伝記 全43話視聴
 旧作レンタルが 7泊8日、50円という期間があったので、楊家将伝記 全14枚 43話を約1ヶ月かけて視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/19 08:12
韓国映画「息もできない」
 韓国映画「息もできない」 を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/22 09:14
天使
 コンビニで働く青年カトウは、バイト仲間に誘われてクラブへ出かけるが、その場に馴染めず、1人カウンターに座っていると、隣の女の子に、飲んでいたジンライムを横取りされてしまうという所から、天使が現れ、悩める人たちを救うという物語であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 08:29
食堂かたつむり
 料理好きの人たちの間でブームを呼んでいた小説「食堂かたつむり」が映画化されたものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 09:04
さや侍
 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志初の時代劇の監督作ということで気になっていた「さや侍」視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/24 09:21
孫と映画のはしご
 土曜日、日曜日と娘が友人から借りてきた子供用の映画を孫と一緒に鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 09:35
Super8
 何気なく視聴してみた映画。8ミリ映画に没頭する子供たちが、ある夜、撮影中に、偶然、米軍の貨物列車の大事故に遭遇するという所からはじまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 08:49
プリンセス トヨトミ
 プリンセス トヨトミという題名に惹かれて視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 08:37
ハリーポッターと死の秘宝 Part2
 欠かさず観てきたハリーポッターも、いよいよ最終章となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 09:03
アンダルシア
 外交官、黒田康作(織田裕二)が活躍する映画ということで楽しみにしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 09:07
マイティ・ソウ
 コミックの実写映画版の「マイティ・ソウ」を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/02 07:57
相棒 劇場版U
 TVでも毎週楽しみにしているが、放送開始10周年を迎えた水谷豊主演の人気刑事ドラマの映画化第二弾であった。第一弾とは、相棒が交代していたが、後は、お馴染みの顔ぶれであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 09:05
ノウイング(Knowing)
 ワールドトレードセンターやナショナルトレジャーでお馴染みののニコラス・ケイジが出演しているのが目に留まって視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/06 08:26
SPACE BATTLESHIP ヤマト
 ヤマトというキーワードが目にとまり、視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 09:35
阪急電車−片道15分の奇跡−
 阪急電車という懐かしいキーワードが目に留まり、「阪急電車−片道15分の奇跡−」という映画を視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/30 09:03
パイレーツオブカリビアン・生命の泉
 「パイレーツオブカリビアン・生命の泉」を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 08:11
孫文の義士団
 孫文の義士団を観る機会があった。イギリス領時代の香港が舞台になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 08:15
忠臣蔵
 長谷川一夫が大石内蔵助を演じた忠臣蔵を観る機会があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/22 08:17
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島
 ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 08:18
トロン
 トロンというキーワードを見て、昔、日本で開発されていたトロンというコンピュータOSを思い出しましたが、この映画の内容は、コンピューター内での権力闘争を描いていて、コンピューター・グラフィックスを駆使したアニメと実写フィルムが織りまざった作品であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/16 08:44
豆冨小僧
 京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」をアニメ化したファンタジー映画である豆冨小僧を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/13 08:03
ガリバー旅行記
 子供のときからよく知っていたガリバー旅行記、映画になっていたのを観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/12 09:12
ツーリスト
 スパイアクションのソルトにでていたアンジェリーナ・ジョリー、「アリス・イン・ワンダーランド」のジョニー・デップが共演して話題の「ツーリスト」を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/08 08:09
アリス・イン・ワンダーランド
 孫が喜ぶと思って借りてきたアリス・イン・ワンダーランドですが、孫は、幼稚園でアニメ版(不思議の国のアリス)を観たことがあって、アニメ版の方がよかったようです。でも、二回くらいに分けて最後まで観てくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 09:07
魔法遣いに大切なこと
 アニメや小説などでヒットした作品(魔法遣いに大切なこと)の劇場版を観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/27 08:31
ハリーポッターと死の秘宝 Part1
   今、part2が上映されているようなので、Part1を視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/16 10:32
『24 -TWENTY FOUR-』ファイナル・シーズン
 シーズン5のTV再放映をきっかけに、シーズン5,4,6,7と一気に視聴してきた『24 -TWENTY FOUR-』もシーズン8のファイナルシーズンまできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/05 07:49
24 -TWENTY FOUR- シーズン7
 今回は、24 -TWENTY FOUR- シーズン7である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 08:15
24 -TWENTY FOUR-シーズンY
 シーズンXのラストで、ジャック・バウアーが中国政府に拉致されてから2年後という設定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 09:21
24 -TWENTY FOUR-シーズンW
 シーズン1は、アメリカ初のアフリカ系大統領候補の暗殺テロ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/01 08:42
踊る大捜査線 ヤツらを解放せよ
 久々の「踊る大捜査線」を観た。今回は、第三弾で、「ヤツらを解放せよ」という副題がついていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/13 08:34
ロビンフッド
 昔からよく映画化されているロビンフッドの最新映画を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/06 09:07
24 -TWENTY FOUR-シーズン5
 24 -TWENTY FOUR-シーズン5というドラマの再放送が始まり、たまたま、第一話から観る機会がありました。24時間の緊迫した出来事を1話1時間ずつの放映でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/26 08:31
SP野望編
 テレビドラマで観たことのあるSP劇場版である「SP野望編」を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 16:46
「ブタがいた教室」 政治家のやりとりより、中味が濃いものであった
 「ブタがいた教室」という映画、5歳の孫と一緒に観る機会があった。最後まで観てくれるか興味があったが、ブタというかわいい動物と子供たちが主役になっていたこともあって、最後まで、時に、笑いながら一生懸命観てくれていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/19 08:46
死刑台のエレベーター
 記憶のどこかにあったタイトルの「死刑台のエレベーター」という映画を見る機会があった。何となく記憶にあったはずで、同名のフランス映画のリメイク版であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/13 07:58
ブラック・エンジェルズ
 昭和50年代後半に「週刊少年ジャンプ」に連載されたコミックの「ブラック・エンジェルズ」が実写化された映画を見る機会があった。主演は、若手イケメン俳優・落合扶樹で、ヒロインの麗羅にはハロー!プロジェクト矢島舞美というフレッシュな顔ぶれであったが、65歳を過ぎた私には、馴染みのない俳優さんであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/12 13:29
インシテミル
 インシテミルという映画を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 08:18
必死剣 鳥刺し
 いきなり、藩主の側室を刺殺するところから始まってびっくりしたが、その後の回想シーンで状況が少しずつ理解できるようになっていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/07 08:21
魔法使いの弟子
 たまたま、ディズニー映画の「魔法使いの弟子」を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 08:59
ラストソルジャー
 ジャッキー・チェンが原案・主演・製作・武術指導を手がけたアクション映画というので楽しみにしていた作品であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 08:43
てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜
 字幕を付与する映画として、「てぃだかんかん」を選択していたが、ひと通りできたので、全体を視聴してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/20 09:30
座頭市 The Last
 勝新太郎の当たり役として有名な「座頭市」を、SMAPの香取慎吾が演じるということで楽しみにしていた。座頭市最後の日々を描いているとのことで、The Lastという副題がついていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/19 17:05
戦火の中へ
 「戦火の中へ」という映画を紹介していただいたので、早速視聴した。内容は、1950年の朝鮮戦争における韓国軍の運命を賭けた洛東江を死守するための南と北のすさまじい戦いの真っ只中に、制服を着て砲火の中に飛び込んだ学徒兵71人の戦闘を描いた戦争実話の映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 19:41
超強台風を見て感じたこと
 前代未聞の規模の台風が中国近海に発生したということをテーマに描かれていた。自ら体を張りながら、不屈の闘志で警戒対策を推進する市長の姿と、台風に翻弄される様々な人間模様を描いていて、中国の特撮スペクタクル巨編と言える映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 08:24
クロサギ
 以前、テレビのドラマで放映されていたものの劇場版「クロサギ」を視聴した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/01 08:12
築地魚河岸三代目
 以前、時々読んでいた「ビッグコミック」に連載の人気コミックを映画化した人情ドラマ(築地魚河岸三代目)を視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/30 12:57
シャーロックホームズ
 懐かしいタイトルに惹かれて、シャーロックホームズを視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 10:29
ディアドクター
 関西芸人のひとりでドラマや映画に活躍されている鶴瓶師匠が主演とのことで楽しみにしていた映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 12:16
カイジ
 人生逆転ゲームという副題がついていたので、興味を抱いて視聴してみた。  フリーターの伊藤カイジ(藤原竜也)が、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱え、金融会社社長の遠藤(天海祐希)に、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧められたという所から物語が始まっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 09:03
BALLAD
 時代劇ということで、楽しみにしていたBALLAD、やっと見る機会がやってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/21 08:24
ロボコップ
 ROBOCOPという映画を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 11:18
タイタンの戦い
 「タイタンの戦い」という映画を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/21 10:00
TRICK霊能力者バトルロイヤル
 阿部寛、仲間由紀恵のコンビで、時々、TVで放映されるTRICKの劇場版(TRICK霊能力者バトルロイヤル)を観る機会があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/19 09:13
釣りバカ日誌20 ファイナル
 見逃していた、「釣りバカ日誌20 ファイナル」、昨夜、TVで放映された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 16:07
映画興行成績ランキング
 1/1(土)〜1/2(日)の映画興行成績ランキングが発表されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 10:25
ソルト(SALT)
 アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクションということで楽しみにしていたソルト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 10:22
アマルフィ 女神の報酬
 「アマルフィ/女神の報酬」というサスペンス映画、TVで放映されていたものを録画していた。イタリアで起きた日本人少女失踪(しっそう)事件の謎に迫るサスペンス・ミステリーということであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/05 08:39
「大仏開眼」
 NHKで放映された古代史スペシャル「大仏開眼」は、放送された時には見逃していたので、DVD化されたのを入手して視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 09:09
パーシージャクソンとオリンポスの神々
 「パーシージャクソンとオリンポスの神々」という映画を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/08 13:03
アイアンマン2
 前作の最後に、自分がアイアンマンだと公表したトニーであるが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 12:59
パーフェクトリポート
 CTN(キャピタルテレビジョンネットワーク)報道局のひとつの部署「遊軍取材班」が活動の舞台になっている。そこには、落ちこぼれのレッテルを貼られてしまった記者たちが集まり、それぞれが様々な思いを抱きながら、報じられたニュースの真実を追求し、今起こっている社会問題と向き合い、再起に向けて奮闘するというテレビドラマである。松雪康子が主演している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/30 09:10
プリンス・オブ・ペルシャ
 プリンス・オブ・ペルシャ ディズニイ映画の「プリンス・オブ・ペルシャ」を観た。短剣に収められた時間の砂というのがテーマになっていた。この砂は、神々の砂であって、時間を自由に戻せる、すなわち、歴史を変えることができるというものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 11:23
「ナサケの女」と「黄金の豚」
 米倉涼子主演「ナサケの女」と篠原涼子主「黄金の豚」というのを毎週観ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/26 08:36
乱気流(タービュランス・アタック)
 乱気流(タービュランス・アタック)という映画を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 09:16
RAILWAYS
 RAILWAYSという映画を観た。故郷の運転士になりたいという小さい頃からの夢を実現した話ということは知っていたが、どんな契機で、49歳になってから運転士に挑戦したのかを知りたくて視聴した。    不景気によるリストラを指示する立場、故郷で生活する母親の病気、入社同期の親友の事故死などが重なり、人生を見直す機会が訪れ、久しぶりに帰省した故郷・島根で、仕事に追われ家族を気遣うことなく走り続けてきた日々を顧み、そこで決意するというものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 09:03
交渉人 THE MOVIE
米倉涼子演じる「交渉人 THE MOVIE」を観た。飛行機ハイジャックの犯人と交渉するのだが、期待した交渉(説得)の過程というものは、あまりなかったように思う。ただ、飛行機の中での出来事なので、緊迫感は感じられた。まあ、どう展開していくかを楽しみにみればよい作品だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/28 16:38
ジョーカー 許されざる捜査官
 テレビドラマですが、「ジョーカー 許されざる捜査官」というのを毎週観ています。このドラマは、藤田まことさんで有名な必殺シリーズとは、少し違いますが、法律で裁くことのできない悪人を現役の捜査官達が神隠ししてしまうというドラマで、複雑な想いを抱きながら観ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/02 08:14
ナショナル トレジャー リンカーン暗殺者の日記
 「ナショナル トレジャー リンカーン暗殺者の日記」を観た。アメリカ史上、リンカーンやケネデイ暗殺者は誰かとか、月面着陸が真実であった否かなどの謎について、歴代大統領のみに伝え継がれてきているという設定の下、暗号を解き、世界を変える真実を手に入れようとする人たちを描いた映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 09:35
真夏のオリオン
 毎年、8月になると、戦争を取り上げた作品が話題になるが、今年は、やっと機会が訪れた「真夏のオリオン」を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 16:02
劔岳 点の記
 「劔岳 点の記」という測量に絡む登頂の映画を観る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 10:40
定年後に観た映画が300作品を超えた
 定年後、ほぼ、7年間、時間だけは、十分にあったので、テレビやDVDで鑑賞した映画が、300作品を超えたことが分かった。Excelで整理していたので、以下に列挙しておこう。このうち、ブログには、200作品ほどの感想文を書いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/10 15:13
HACHI
 忠犬ハチ公のアメリカ版がどのように描かれているのか楽しみにしていた。リチャードギアが、この映画の脚本を読んで感銘し、映画にも取り組んだとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/10 14:50
なくもんか
 東京・下町が舞台になっていた。親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある主人公が究極のお人よしとして描かれていた。ただ、その裏には、そんな主人公の子供時代に自分の子供とおなじように育ててくれた初代ハムカツ屋への恩返しもあったようだが、ストレスもあって、それを発散するためにオカマのようなこともしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 08:46
ガマの油
 ガマの油というタイトルと役所広司主演・監督ということで、興味を抱き視聴してみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/20 08:20
20世紀少年 最終章
去年、20世紀少年の第一章、第二章を観ていたが、そのときの感想は、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/07 09:40
K20(怪人二十面相)
 楽しみにしていたK20(怪人二十面相)、やっとその機会がやってきた。遅すぎる位であるが、孫が早くに寝てくれて、時間がとれたのでじっくりと視聴することができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/27 09:05
守護天使
 カンニング竹山が主演しているというのに興味があって、観てみた。 1日の小遣いが500円で、鬼嫁(寺島しのぶ)に逆らえないダメサラリーマンをカンニング竹山が演じていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/25 09:27
カムイ外伝
 白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション大作ということで楽しみにしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 08:14
「アバター」
 「タイタニック」のジェームズ・キャメロン作品ということと、デジタル3DのSF超大作ということで、「アバター」を楽しみにしていたが、やっと、その機会がやってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 07:31
鬼龍院花子の生涯
 今でも語り継がれる夏目雅子という女優が演じた作品の一つに、「鬼龍院花子の生涯」というのがある。つい、最近、TVでリニューアル放映があり、ビデオにとっておいたのをやっと観る機会が訪れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 14:36
陰日向に咲く
前からきになっていた「陰日向に咲く」をやっと観ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 08:17
沈まぬ太陽
 以前から気になっていた「沈まぬ太陽」をやっと手に入れることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 08:26
I am GOHST
「I am GOHST」というタイトルの新作が出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/20 09:18
スピード2
サンドラ・ブロックが出演しているということで、スピード2を視聴してみた。豪華客船が制御不能に陥りタンカーに接触したり、港に突っ込んで町並みを次々に破壊していくという迫力満点の映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 08:12
TAJOMARU
 小栗旬の時代劇というので、興味があり視聴してみました。室町時代が背景になっていて、代々管領職の名門・畠山家の次男・直光役であった。将軍より「阿古姫と結婚し大納言家の財産を継いだ者を管領とする」と告げられたことから、阿古姫をめぐって兄、信綱との確執があり、直光が阿古姫と山に逃げた所で、松方弘樹扮する大盗賊・多襄丸と出会い、多襄丸を倒したことから、直光が多襄丸を名乗ることになっていくというものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 08:06
半落ち
 「半落ち」という言葉に興味があった。警察の取り調べに関する言葉であった。「完落ち」が、被疑者が完全に認めたということに対して、半分しか認めないということのようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/16 08:03
2012
 2012年12月21日に、古代人のマヤ文明で予言されている通り、地球が消滅するというテーマを扱ったものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 16:58
霧の旗
 松本清張氏の生誕100周年記念の日テレドラマ「霧の旗」を観た。「霧の旗」という小説は、若いころに、一度、読んだ記憶があったが、筋書きなどは、殆ど忘れていたので、ごく新鮮なものとして視聴することができた。主役は、今話題の歌舞伎の市川海老蔵ということで、期待をしていたが、期待通り良かったと思った。ただ、少し張り切り過ぎのようにも見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/18 07:48
ゴジラVSモスラ
 昨日は、娘の仕事の都合で、孫が泊って行った。娘の帰りが遅くなるようなので、孫と風呂に入った後、一緒に、昔懐かしいゴジラVSモスラを観た。孫は、途中で眠りについたので、その時点で中断したが、今朝、朝食の時に、続きを見たいというので、ヨーグルトとパンを食べながら、一緒に最後まで観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/06 09:07
鑑識 米沢守の事件簿
 テレビドラマの相棒シリーズは、いつも楽しみにしているが、初代の相棒である杉下右京と亀山薫を支える鑑識の米沢守が主役となって活躍する事件簿というので、楽しみにしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/26 08:10
突入せよ!あさま山荘事件
 40年程まえ、私が初めて、白馬にスキーに出かけていた時、宿泊していた山荘のテレビにそのときの様子が映し出されていたのを思い出しながら、TVで再放映されていたのを録画しておいて、視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/24 10:11
がばいばあちゃん2
 かばいばあちゃんの第2弾ということで録画しておいたのを視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/23 07:37
『清風明月』
 韓国国内で初めて撮影された武術映画とのこと。今までは、中国での撮影が殆どで、ワイヤーアクションが中心であった。今回は、剣を使い闘うシーンが殆どで、武具(鎧、兜、刀、槍、斧、弓矢、等)は約2000点を使ったとのこと。なお<清風明月>という訓練部隊が描かれていたが、この映画用の架空の部隊名であるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/19 08:46
スシ王子
 関西出身のキンキキッズの一人である堂本光一が主役のスシ王子(TV版もあったらしいが見ていなかった)に興味があり、入手した。冒頭、300年前の琉球空手の場面から始まったので、何か変だなと思ったが、最後まで見ていて、300年前の戦いがこの物語の底辺にあることが分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 09:13
ワルキューレ
 第二次世界大戦時に実際にあったというヒトラー暗殺計画を扱った映画であった。主演は、トム・クルーズで、戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐を演じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 17:04
アイアンマン
 タイトルを見て、面白そうだなと思って手に入れました。内容は、日本の鉄人28号を思い出すようなものでした。兵器で儲けていた会社の社長が、アフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要され、逃げるために開発したのが、アイアンマンにつながっていくというもので、人類の夢である ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/02 08:41
ハッピーフライト
 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」に続く矢口監督作品とのこと。少し喜劇的な印象の作品であったと思うのは、綾瀬はるかや田辺誠一の弱気なキャビン・アテンダントやパイロットが描かれていたからであろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 09:03
ベンジャミン
 「老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ。」という筋書きだけは、以前から聞いていたが、今日、全体を視聴してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 08:33
禅 ZEN ※二度目の視聴
 鎌倉時代。仏道の正師を求め、24歳で宋へ渡った道元のことが描かれていた。帰国して如浄禅師の教えを広めていたが、それを妬んだ比叡山の僧兵の圧迫によって、道元たちは越前へ移り、今では、有名な永平寺を建立して門徒たちの指導に励んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 09:25
おっぱいバレー
 主演の綾瀬はるかという女優に注目していたので、学校の先生役というこの映画を視聴してみた。時代劇の「ichi」とはまた違う一生懸命さが伝わってくる映画であった。北九州市の公立中学校が舞台で、赴任早々、男子バレー部の顧問になるところから、題名の「おっぱいバレー」につながっていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 19:26
GOEMON
 大泥棒で知られている石川五右衛門を扱った作品であるとのことで、興味があって七曜してみた。単なる時代劇ではなく、宇多田ひかるの元の旦那である紀里谷氏が表現する時代劇はどんなものかを観てみたかった。予想通り、派手な演出で、非現実的な立ち回りというか、ゲームの世界での立ち回りと同じであると思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 16:03
ダイハード4
 楽しみにしていたダイハード4をやっと観る機会が訪れた。ジョン・マクレーンことブルースウイルスの不死身のヒーロが大活躍するアクション映画であり、存分に楽しませて頂いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 09:32
感染列島
 新型インフルエンザの脅威を描いた映画であるというので視聴してみた。今までにも、色々と報道されてきたように、現実に発生すると、大変なことになるということを今一度、再認識させられた映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 13:48
ジャンゴ
 マカロニ・ウエスタンの向こうをはって、スキヤキ・ウエスタンという作品を作ったとのことで、興味があって視聴した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 17:31
チェンジリング
 私にとっては、青春時代に西部劇でおなじみのクリント・イーストウッド監督による感動作ということで、楽しみにしていたが、やっと観る機会が訪れた。アンジェリーナ・ジョリーが演じる母親が息子が行方不明になり、必死に捜索しているなかで、5か月後に見知らぬ少年を警察に押し付けられるという所から、物語が展開していった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/03 19:14
WANTED
 アンジェリーナ・ジョリーが活躍するアクション映画ということで、楽しみにしていた。最初は、さえないサラリーマンがでてきて、入手するDVDを間違えたのかと思ったが、しばらくして、そのサラリーマンを一人前のスナイパーに育て上げる役として出てきたので、ホッとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 17:10
アーサーとミニモイの不思議な国
 三歳の孫が、ヤッターマンとだんじりに夢中なので、少し他の物にも目を向けさせようと、少し早すぎるかもしれないと思ったが、「アーサーとミニモイの不思議な国」という映画を一緒に視聴した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/30 12:12
逃亡者
 TVシリーズでは、デビット・ジャンセンが演じていて、毎週、ハラハラ・ドキドキしながら楽しみにしていた「逃亡者」の映画版を観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 08:37
ヤッターマン実写版
 3歳の孫と一緒に、評判のヤッターマン実写版を観た。ヤッターマンと言えば、私の娘が子供のころに、タイムボカンシリーズの2作目として、よく観ていたものであるが、30年程経過して、最近まで、TVシリーズで孫と一緒に時々観ていた。  アニメ版と違って実写版ということなので、果たして孫がどれだけ興味をひかれるか観察していたが、結構気に入って、でてくるキャラクターの話をしながら、最後まで観ていた。特に、ヤッターマンが水上を走る所や、ヤッターマンキングがでてくる所が気に行ったようだ。ただ、どくろべ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/23 18:40
クラッシュ
 ロスのハイウェイで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が連鎖反応を起こすヒューマンドラマということを聞いて、字幕化を検討してみた。  洋画の場合、日本語字幕が必ずついているので、いまさら字幕化するのは何故かという疑問があると思うので、補足しておきたい。  洋画の日本語音声と字幕は翻訳が同じではない箇所が多々見受けられる。どうやら、翻訳者が全然異なっているようだ。表示する文字数との関係で要約する必要性は認めるが、それなら日本語音声で翻訳したものを要約して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/17 10:28
エアフォース・ワン
 テロリストにハイジャックされた大統領専用機“エアフォース・ワン”を舞台に、国家への正義と家族への愛との狭間で苦しみながらも孤独な闘いに挑んでゆく大統領の姿を描いたアクションであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 09:01
ダンジョン&グリフォン
 面白い伝説の神獣がでてくる映画ということで、楽しみにしていた。物語は、長い間争いを続ける2つの国、デルファイとロックランドがあり、両国の王子が戦う所から始まった。王子を殺された国の魔法使いが王の命令の下、伝説の神獣を蘇らせる所から、この映画の本題に入っていき、後は、神獣を使って両国を自分のものにしようとする魔法使いと、両国の王子と姫、両国の軍隊が協力しつつ、怪獣をやっつけることのできる槍を手に入れる戦いが繰り広げられた。  ハリーポッターのような魔法を駆使する魔法使いがあまりにも強すぎたが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/24 09:05
デスレース
 脱獄不可能の刑務所で繰り広げられる、“死のレース”へ、殺人の濡れ衣を着せられた男が出場を決意し、流血とスピードと破壊が支配する壮絶なレースシーンが連続して描かれていた。  1975年の『デス・レース2000年』を『バイオハザード』シリーズの監督が現代的なアレンジでリメイクしたものとのこと。主演は『トランスポーター』シリーズのジェイソン・ステイサム、美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)を助手席に乗せてのアクションであった。  出場するドライバーを死に追いやるための様々な仕掛けが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/21 08:11
ミッドナイトイーグル
 「吹雪に覆われた北アルプスで、1億2,700万人の生命を懸けた戦いが始まる!」というタイトルを目にし、詳細をみると、「米空軍のステルス型戦略爆撃機─通称“ミッドナイトイーグル”が、1億2000万人の日本国民の命を奪う特殊爆弾を積んだまま、極寒の北アルプスで姿を消した!猛吹雪に覆われて陸の孤島と化した雪山で、極秘裏に繰り広げられる争奪戦。発覚すれば世界を揺るがすほどの危機となる。その真相を追いかけるうちに巻き込まれ、運命に翻弄されていく主人公たち。愛するものを守るため、過去への悔恨から立... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 09:35
252生存者あり
 レスキュー舞台の活躍と葛藤を描いた作品ということで、興味があって視聴した。観測史上最大の巨大台風に襲われる東京を舞台に、未曾有の災害に直面した人々の姿を描くパニック映画であり、新潟中越地震のトンネル崩落事故の奇跡の救出劇をベースにしているとのこと。  レスキュー隊隊長を務める兄を内野聖陽、かつてハイパーレスキュー隊隊員だった弟を伊藤英明が演じ、脱出と救出の立場から極限下におかれた人間の葛藤が見事に描かれていた。久しぶりに映画を見ながら感動して、涙した映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/11 08:14
私は貝になりたい
 高知の港町で理髪店を営む清水豊松(中居正広)は昭和19年に招集され、上官に捕虜処刑を命ぜられ、天皇陛下のご命令だということで、やむを得ず従った。終戦後、家族のもとへ帰り、平和な暮らしを取り戻していた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官の命令で、拒めば自分の命がないことを占領軍による裁判で必死に訴えたが、認められず、死刑を言い渡された。妻の房江(仲間由紀恵)は減刑の嘆願書に署名をつけるため、奔走してやっと200名の署名を集め、これで無事に帰されることを確信する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 16:54
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
 『ナルニア国物語』シリーズの第2章:「カスピアン王子の角笛」を観る機会があった。3年前に、第1章:「ライオンと魔女」を観ていたので、久しぶりであった。  現代に生きるペベンシー4兄妹が、地下鉄に乗ろうとするところから、荒れはてたナルニア国に転送されるというハリーポッターを思わせる手法で、物語が始まり、暴君ミラースからナルニア国を奪還するために、正当な王位継承者であるカスピアン王子とともに、再び戦いを挑むというものであった。  孫も一緒に観ていたが、途中の物語の部分では、殆ど興味を示... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 15:07
ハリーポッターと謎のプリンス
 ハリーポッターと謎のプリンスを観た。今回は、惚れ薬が出てきたり、嫉妬したりということがメインになっていたように感じたことと、全体的に暗闇の場面が多く、ハラハラ、ドキドキ感のある楽しい映画とは程遠いように思った。次の作品で最終になるようだが、最終作品に期待したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/20 10:53
隠し砦の三悪人
 戦国時代、早川、秋月、山名の三国の戦いの中、小国・秋月を攻め落とした山名軍は、秋月の軍資金"黄金百貫"を血眼になって探していた。そんな中、山名軍の労役から逃げ出した武蔵と新八は、偶然、マキに隠された黄金を発見した。喜ぶ2人の前に、真壁六郎太と名乗る野ぶせりと秋月の生き残りの雪姫が現われ、黄金百貫を運び出して再起を図ろうとしていた。  この映画は、有名な黒澤明監督による不屈の名作で、三船敏郎が演じたオリジナルに大胆な脚色を加えてリメイクされたものとのこと。キャストには松本潤(武蔵)、長... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/16 16:47
20世紀少年 第一章 第二章
 20世紀少年 最終章が公開されるにあたって、第一章、第二章が放映されたので、視聴してみた。小学校時代の遊び仲間が、歳をとって、当時に書いた「よげんの書」なるものが実行に移っていくという筋書きであり、30年経過した2015年に地球がなくなるというようなお話であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/01 20:14
レッドクリフ Part2
 「赤壁の戦い」がタイトルになっているレッドクリフのPart1を観ていて、楽しみにしていたPart2がやっと手に入った。Part2は、80万対5万という圧倒的に不利な戦いの中で、赤壁へ進行してきた曹操軍と戦って、どう戦って倒すのか、孫権・劉備連合軍の作戦を興味深く観ながら視聴した。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させるという方法に出たため、兵を失うのを恐れた劉備軍が撤退してしまった。ただ。諸葛孔明だけは赤壁に残って、10万本の矢を集め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/24 08:25
トランスポーター2
 最新作のトランスポーター3が公開されるということで、前作のトランスポーター2がテレビで放映された。まだ、見ていなかったので、録画しておいて視聴した。  題名通り、運び屋のプロということで、「契約厳守」。「名前は聞かない」。「依頼品は開けない」という運び屋フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)が大活躍するという映画であった。  今回は、金持ち一家の7歳になる息子・ジャックの送迎で、すごいカーアクションに目を奪われながら、あっという間の2時間であった。まあ、現実には起こり得ない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 17:47
官僚たちの夏(TBSドラマ)
「官僚たちの夏」というドラマが始まった。 このドラマは、通産官僚の活躍を描いたもので 前回は、国産自動車の生みの苦しみを描いており、 今回は、国産テレビ誕生への メーカーや政治家、大蔵省とのやりとりなどを描いていた ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/13 08:40
富士山頂
富士山頂(1970)(1970) - goo 映画 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/07 16:30
スピード
 警察官のキアヌ・リーブス、負傷した運転手に代わってバス・ジャックされたバスを運転することになったサンドラ・ブロックが演じるカーアクション映画であった。犯人の監視の下、身代金を払うまでは、時速80キロ以上で走らせることと、一人も乗客を降ろさないという条件を満たさないとバスに仕掛けられた爆弾を爆発させるという緊迫感の中、渋滞の道路の路側帯を走ったり、次々と車をはねたりしながらも何とか乗り切るという息もつかせぬ展開に、あっという間の2時間であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/05 16:33
王妃の紋章
 中国、唐の時代の話で、重陽節をターゲットに、トリカブトの毒を王様から盛られていた王妃が、息子を立てて反逆を企てるという映画であった。絢爛豪華な中国の色彩感覚がふんだんに盛り込まれた衣装や金箔と瑠璃が施された豪華な宮廷は、本当に色鮮やかであり、それだけでも大いに楽しむことができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/03 17:26
千年の夢(青磁、白磁)
 青磁の陶工が持つ秘法(技術)は、特に、マニュアルというものはなく、伝承で見て、感じて次世代に引き継いでいくものであるという、昔からよく言われているように、「技術は、教えられるものではなく、長い年月をかけて見聞きして身につけるものである」ということを感じた韓国ドラマであった。    その中で、元の時代に、女の子であれば、連れ去られるという心配から、男の子として育てたり、元に連れていかれるのを嫌って、自身の目をつぶした陶工と、そのために、身代わりで連れていかれた親をもつ弟子がからんでい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/03 17:24
河童のクゥと夏休み
 最近、孫と過ごす時間が増えてきて、何時までも、アンパンマンやヤッターマン機関車トーマスばかりではと思い、たまたま目についた「河童のクゥと夏休み」というアニメを録画しておいた。今日、二人で留守番の機会があったので、一緒に観てみた。  何百年もの間地中に閉じ込められていたクゥがひとりの少年が拾った石の中にいたという設定で、甦り、少年と楽しいひと時を過ごし、最後は、沖縄の方に永住の地を見つけるというものであった。  河童伝説が残っている遠野へクゥと少年がでかけたり、河童が言葉をしゃべった... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/21 11:45
エリザベス/ゴールデン・エイジ
エリザベス1世がプロテスタントの女王として イギリスを統治していた時代 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/19 08:33
ウォーター・ホース
 映画を観終わるまでは、ネッシーにまつわる映画だとは知らず、三歳の孫が卵から孵化したかわいい動物を大変、気に入ってくれて、一度、観終わった後も、もう一度、卵から孵化した子供のネッシーを見せろといってタダをこねていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/15 08:23
EARTH
 今回と同じスタッフが描いた大ヒットの映画、『ディープ・ブルー』は、サメと人間との死闘というか知恵比べの映画であった。今回のEARTHは、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー映画であり、北極のシロクマの様子から始まり、象やさまざまな鳥などの生命が息づく地球の姿を描いていて、改めて地球をとりまく環境について認識させられた映画であり、三歳の孫も一緒に楽しんでくれたようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/14 20:02
ICHI
 勝新太郎で有名な座頭市の女性版ということで楽しみしていた。「市」は、今が旬の女優である綾瀬はるかが演じていた。離れ離れになった父親を探している市と、子供のころに誤って母親の目を不自由にしてしまったことを引きずり、刀を抜くことができないトンマ(宿を世話してもらった家の子供が言っていた)こと、本当は強い剣客「十馬」が中心となって、やくざの戦いに巻き込まれるという設定で進んでいった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/07 16:19
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
 アニメの実写版ということで、孫と一緒に観た。孫は、一反木綿、塗りかべ、めだま親爺が気に入ったようで、一反木綿を紙で作れと盛んにせがむので、切り紙細工で作ってやると大喜びで遊んでいた。但し、手の部分は、丸く切っただけであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/03 17:51
僕の彼女はサイボーグ
 TVドラマで見たときから注目していた女優、綾瀬はるかが出演している映画ということで、視聴してみた。未来から来たサイボーグ(綾瀬)と、彼女に惹(ひ)かれていく青年(小出恵介)の二人が、成り行きで共同生活を始めるというラブストーリーものであった。彼女は、とにかく強いサイボーグで、彼を助けるためには、何でもやるという頼もしいが、相当乱暴なサイボーグであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/31 07:49
地球が静止する日
 タイトルの「地球が静止」に興味を持ち、視聴してみた    異星人が  人類に環境破壊を止めるように要求 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/27 08:12
男たちの旅路/第4部・第3話/車輪の一歩
 映像に字幕をつけるボランティアをしていますが、「男たちの旅路・車輪の一歩」という映像に、字幕をつけようという話になり、音声を聴きながら、文字に起こすという作業の中で、何度も反復しながら拝見しました。その度中で、世の中が車いすの障がい者をどんな風にとらえているかを何度も実感させられる映画でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/22 07:15
おくりびと
 アカデミー外国映画賞を受賞した作品ということと、モックンこと、本木雅弘の演技に興味があり、観ることにした。納棺師という職業そのものもあまりよく知らなかったが、次の世への旅立ちというか、次の門をくぐるための旅支度をしてくれる職業であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/20 08:04
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
 1960年代の話ということで、昭和の古き良き風景に浸ることのできた作品であった。主人公(オダギリジョーが好演)がオカンと東京で生活するようになり、東京タワーの見える病院でオカンが治療を受け、一度は、オカンを連れて上ってみたいと思っていた東京タワーに、オカンが亡くなってから上るという物語であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/12 08:13
MUSA(武士)
 中国大陸が舞台の韓国の歴史映画であった。朝鮮半島の高麗王朝が明に送った外交使節団がスパイ容疑で砂漠に流刑にされてしまう所から始まった。砂漠で、荒くれ者の行商隊や元の部隊もいて、そこに捉えられたていた明の王女を救い出し、明に送り届けようとするが、蒙古軍に狙われて、壮絶な戦いシーンが繰り広げられるという物語であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/11 08:28
象の背中
 突然、末期の肺がんで余命半年を宣告された48歳の主人公が、残された時間、延命治療を拒否し、自分なりに人生を全うしようと決断するという映画であった。最後の別れを告げておきたい人たちを訪ね歩いたり、妻や娘を気遣って、内緒にし、息子にだけは真実を伝えるとか、愛人がいたりとか、最後は、海の見えるホスピスで家族に見守られて死んで行くという、現実には、そういう最後であればいいなあと思わせるような、家族愛に包まれた話であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/04 16:33
小林少女
少林少女 - goo 映画 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/02 17:02
パコと魔法の絵本
 我侭放題に生きてきた大貫という老人が、少女バコの優しい心に打たれて、最初は、怒鳴っていたのが、絵本を読み聞かせるようになるというものであった。事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫が、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかけるて、演じるということから、この物語は、発展していった。。  とにかく、出演者のユニークさが面白しい映画であり、大人でも楽しむことができた。主演の役所広司他、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲなどの日本映画界を代表する豪華キャストであっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/02 16:59
ドラゴン・キングダム
 現代に暮らすカンフーマニアで、孫悟空を夢見る少年が、ある日チャイナタウンでギャングに追われ、次の瞬間古代中国のとある村で目を覚ますという所から物語が始まり、大酒飲みの男ルー・ヤン(ジャッキー・チェン)や白馬に乗ったサイレント・モンク(ジェット・リー)に出会い、二人の師匠からカンフーを学ぶことになる。その少年が質屋で手に入れた如意棒が実は、孫悟空のもので、それを孫悟空に届ける運命を背負った者として少年が描かれており、最終的には、無事に如意棒を孫悟空に届けることで、封印されていた孫悟空が息... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 18:59
レッドクリフ Part I
 三国志の中で描かれている「赤壁の戦い」が映画化されたレッドクリフPart1を観た。今、丁度、Part2が公開されているので、遅ればせながら、Part1に巡りあったということになる。なお、「赤壁の戦い」からは、1800年経っているとのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/14 20:15
ザ・マジックアワー
 三谷幸喜監督・脚本の「ザ・マジックアワー」を観た。コメディタッチのちょっととぼけた筋書きの映画であった。伝説の殺し屋を連れてくると嘘をついた妻夫木聡が演じる暗黒界の子分が、佐藤浩市が演じる売れない役者をだまして、その殺し屋に仕立てて、映画をとるふりをして、西田敏行が演じる顔役に合わせることから起こるドタバタ喜劇であった。    顔役の女を演じた深津絵里、妻夫木聡のドタバタを助ける伊吹吾郎と綾瀬はるか、佐藤浩市のマネージャー役の小日向文世、映画の撮影シーンに登場した中井貴一や唐沢寿明... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/11 17:05
相棒 劇場版(絶対絶命 東京ビッグシテイマラソン)
 テレビで評判の相棒の劇場版を観る機会があった。特命係の杉下右京と亀山薫のコンビが事件を解決するというおなじみのスタイルの映画であった。  今回は、チェスを通じて、爆弾を仕掛けている箇所を推理していくというものであり、チェスのことをあまりよく知らない私にとっては、チェックメイト(将棋でいう王手)位しかよく分からなかったが、推理の手順は面白く、手順が東京マラソンの走路を描いていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/05 15:21
茶々天涯の貴妃
 日本の代表的な戦国時代劇を女性の立場から描いた作品の「茶々天涯の貴妃」を観る機会があった。さまざまな葛藤の末、豊臣秀吉の側室となった茶々を中心に、織田、徳川などの戦国人物絵巻が繰り広げられていた。  豪華な和服、それを元宝塚男役でトップスターであった「和央ようか」が着て、茶々を演じていた。宝塚を観る機会がないので、最後まで観て、一体、誰が演じているのかとキャスト一覧で初めて知った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/15 16:10
サウスバウンド
 豊川悦司と天海祐希が夫婦を演じる破天荒な物語の映画であるということを、公開案内で知って、是非、視聴してみたいと思っていたがやっとその機会がやってきた。  1980代の学生運動を体験した元過激派の二人が夫婦になり、夫の方は、未だに、その時の想いを引きずって生きている。そのため、年金や税金などで、社会に縛られるなら、国民なんか辞めたいと言う。子供も学校なんか行かなくていいといい、卒業旅行の費用があまりにも高すぎるのを校長に直談判して、結果的には、不正を暴いてみたりと、今の世の中への風刺も... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/25 08:25
L change the WorLd
 デスノートで、キラー(藤原竜也)に対決して特異な演技を見せていた松山ケンイチが主役の映画であった。題名にあるように、世界を変えるために、人類をバイオテロで抹殺しようとする人たちが、ワクチンを手に入れようとするのを阻止するというものであった。背中を曲げて歩く独特のスタイルと久しぶりに対面した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/21 19:27
ライラの冒険
 まだ2歳半の孫と一緒に観ようと思ってレンタルしてきた「ライラの冒険」という映画は、12歳のライラが主人公で、一心同体の守護精霊“ダイモン”という動物と行動をともにしているという設定で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発し、誘拐された親友を助け出すまでのストーリーが描かれていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/13 20:36
MONGOL
 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品とのことで、浅野忠信主演の『モンゴル』をレンタルしてきた。モンゴル部族間の陰謀や復讐が相次ぐ12世紀が舞台になっていた。、歴史で習ったことのあるチンギス・ハーンの話であった。この時代、9歳になると敵対する部族から花嫁を選び、部族間に平和をもたらすための政略結婚をする習わしがあった。日本の時代劇でもよくでてくる場面である。  この映画は、花嫁選びの途中で立ち寄った村で、ボルテという女性と運命的な出会いをして、彼女を許嫁として選んでしまうことから始ま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/12 09:34
韓国の武闘派時代劇「大望」
 韓国の時代劇「大望」というDVD 全13巻、26話(TVの1時間ドラマ)を観る機会を得た。商人の息子が英雄になるという話であった。日本で描かれる英雄とは、少し違っていて、「英雄」とは、「凡人には想像もつかない苦労と冒険を経て、手にした能力を同時代に分け与える人間である。」とのことらしいが、確かに、慾得なしに、回りの人も傷つけず、それでいて、周りの人達に助けられながら、英雄となっていくというものであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/18 13:29
しゃばけ(うそうそ)
 しゃばけのサブタイトル「うそうそ」という作品を観た。孫も一緒に見ていたが、鳴家(やなり)に大変興味を持って、出てくるたびに、映像にくぎ付けであった。にこにこしながら、2時間近くの映画をおとなしく見てくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/02 21:14
続三丁目の夕日
 楽しみにしていた「続三丁目の夕日」を、やっとみることができた。続編は、つまらないというか拍子抜けすることが多いが、この作品は、前回と同様、昔を懐かしみながら、時には感激で涙しながら観ることことになった。  さて、いきなり、ゴジラが出てきてびっくりしたが、東京タワーからの夕日を観る場面で締めくくりがあったりしてよかったと思う。売れない作家・茶川竜之介(吉岡秀隆)を中心に、何時見ても美しいヒロミ(小雪)と、とぼけた少年・淳之介(須賀健太)の3人が、幸せに暮らすことを夢みて、芥川賞目指して... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/22 19:12
セルラー
 タイトルから、携帯電話を想像していたが、監禁された女性が粉々に壊された電話のワイヤーを接触させて信号を送ると、一人の青年の携帯に、偶然につながったことから、物語が始まった。最初は取り合わなかった青年も、女性の緊迫した声に押され、幾度となく切れそうになる電波を持たせながら、女性を救おうと奔走する過程を描いた映画であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/12 08:23
デイ・アフター 首都水没
 大分前に観たアメリカ映画のデイ・アフター・トゥモローのイギリス版のような作品であった。異常気象による高波と洪水により首都ロンドンが大災害に見舞われる様子を描いていた。ロンドンを流れるテムズ河とそこに設置された高波防波システム=テムズバリアがポイントとなっていた。  被害を最小限に食い止めようとする、気象学者や政府、軍の奮闘、確執など、デイ・アフター・トゥモローと似たような場面が多かったが、父親と息子、母親と娘など、親子の情愛を織り交ぜた、ちょっと、ホロっとさせる映画でもあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/20 20:49
デイライト
 シルベスタースターローン主演のパニック映画であった。今までにも何度かTVで放映されていたようであるが、改めて、観てみた。筋書きは、マンハッタンとニュージャージーをつなぐ海底トンネル内で、暴走車が有毒科学物質を移送中のトラックに激突し、大爆破に包まれたトンネルは一握りの生存者を閉じ込めたまま崩落してしまった。偶然、現場に居合わせた元緊急医療班チーフという役柄のスターローンが、大きな換気扇を何とかすり抜けて、トンネル内に潜入し救出作戦を展開するというものであった。  それにしても、1台の暴走... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/24 09:38
キサラギ
 キサラギというタイトルの映画があったが、タイトルからは、どういうものか分からなかったが、小栗旬という俳優の出演映画を観たことがなかったので、興味があり観てみた。  自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男の紹介から始まり、彼女の死の真相について、色んな推理バトルを展開するというものであった。自殺と考えられて、処理されたものが、事故死であり、しかもそれには、理由があったという設定で会話が進んでいったようであった。  『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太の脚... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/18 09:28
大帝の剣
 阿部寛が主演しているという大帝の剣という映画を観た。徳川幕府時代に、想像を絶するパワーを秘めたオリハルコンと呼ばれる地球外金属で作られた“三種の神器”が存在したとの設定で、その1つである“大帝の剣”を持った源九郎(阿部寛)が、残り2つの神器を求めて旅を続けている所から始まった。その途中で、豊臣の血を引く生き残りの姫がいたとの設定で、舞(長谷川京子)とその従者の佐助(宮藤官九郎)に出会い、一緒に旅をし、神器をめぐって戦いが繰り広げられるという筋書きであった。ヘンな宇宙からの生き物が乗り移... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/23 09:54
新流星胡蝶剣
 14,5年前の香港映画のようだが、たまたま、見る機会があった。筋書きは、中国、明の時代に、宮中で東西の政権争いがあり、東側の武人コウ(ミシェル・ヨー)は、西側と武術集団が交わした密書強奪を命じられる。コウは武術を伝授したシン(トニー・レオン)とイプ(ドニー・イェン)の二人を敵方に潜入させる事を決めた。シンは愛妻シウティ(ジョイ・ウォン)を残し、イプもコウへの思いを伝えぬまま危険な任務に出発するが、苦難を乗り越えて密書を持ち帰った彼らを待ち受けていたのは・・(続きは、実際にご覧ください)。9... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/19 08:16
ゲゲゲの鬼太郎
 アニメで良く見た、ゲゲゲの鬼太郎の実写版を見る機会があった。筋書きは、あらためてご紹介しませんが、画像にあるとおり、バラエティに富んだ楽しいキャストで、それなりに楽しい時間を過ごすことができました。印象に残ったのは、一反もめんに乗って、空を自由に飛びまわる場面でした。あと、小雪さんは、相変わらず綺麗な方でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/10 18:11
憑神
 憑神というタイトルの映画を観た。タイトルから考えて、おキツネさまの映画であるとは想像していたが、幕末を舞台にした映画であった。  別所彦四郎(妻夫木聡)は、婿養子に行った先から離縁され、兄夫婦の家に居候するという、肩身の狭い思いをしていたが、あるとき、旧友、榎本武揚と再会し、そば屋の親父が言うには、榎本が出世したのは、向島にある「三囲り(みめぐり)稲荷」にお参りしたからだということを聞いた。  その日の帰り道、酔った彦四郎は「三巡り(みめぐり)稲荷」を発見し、ここぞとばかりに神頼みした... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/26 17:07
HERO
 テレビドラマの劇場版「HERO」を観る機会があった。主人公の検事・久利生公平役は、木村拓哉で、彼の事務官役に、松たか子、法廷で対決する弁護士役に、松本幸四郎、悪役の政治家に森田一義(タモリ)、韓国の刑事役にイ・ビョンホンなどの豪華なキャスト陣の映画であった。  物語は、ある傷害致死事件の裁判をめぐって、容疑者が、政治家の無実を証明するために、犯行を全面否認、無罪を主張したことから、その証拠固めのために、韓国にまで、行ったりして解決していくというものであった。  この映画では、政治家が裏... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/19 21:42
ミュンヘン
 レンタル会員の登録切り替えの時期が来たので、300円を払って、継続してきた。ついでに、4本ほど借りてきたが、自分のは、1本で、それがこの「ミュンヘン」というタイトルの作品であった。  スティーヴン・スピルバーグ監督作品で、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化された作品であった。   主演は、『トロイ』で観たことのあるエリック・バナで、6代目のボンド役のダニエル・クレイグも出演していた。また、ピューリツァー賞... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/07 20:05
海神(ヘシン)と 朱蒙(チュモン)を観終えて
 海神、全51話の20話まで観たところで、朱蒙、全81話の40話まで観たところで、それぞれ、記事を掲載させていただいたのが、4/23であった。あれから、約1ケ月後の今日、やっと最後まで見終えることが出来た。どちらも韓国ドラマらしく、きらびやかな服装に目を奪われ、一旦、観始めると、先が気になって、3話〜5話(3時間〜5時間)を一気に観てしまうことも度々であった。  キャストは、両者で、同じ俳優さんがでていることもあって、少し、混乱しながらも大いに楽しませてもらった。結局、数ヶ月をかけて、132時... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/30 20:49
海神(ヘシン)−チャン・ボゴ
 「海を支配した者が帝国をも支配するだろう」というローマの政治家キケロの言葉のように、今から千年も前に偉大な海上帝国を夢見ていた海上王チャン・ボゴという人物を扱った韓国の人気ドラマであり、日本のテレビでも放映されている。彼は唐、日本、アラビアに至る長い海の道を開拓し、清海鎭を東北アジア交易の中心地に作り上げた人物として描かれている。  ただ、『三国史記』では、チャン・ボゴを“謀反を画策した反逆者”ととらえ、「卑しい海島人が反乱を企てたため、勇敢な壮士、ヨムジャンが国王の命を受けチャン・ボゴ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/23 09:44
朱蒙(チュモン)
   韓国の人気ドラマがDVD化されたもので、日本のテレビでも放映されているようだ。全81話(第一章前編・後編、第二章前・後編、最終章前編・後編)まであるが、現在、半分の40話まできた。話の概要は、紀元前、漢の侵略により古朝鮮国(コジョソン)が滅亡した。国を失った流民たちを率いて漢に抵抗する民族の英雄ヘモス将軍が漢軍との闘いで重傷を負い、河伯(ハベク)族の娘ユファに救われ、ユファはヘモスの子を身ごもるが、それを知る間もなくヘモスは漢軍の矢に倒れてしまう。ユファはヘモスの親友で扶余(プヨ)の太子... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/23 09:41
女帝(エンペラー)
 最近は、韓国ドラマのシリーズ物を観ているので、なかなか、記事を掲載することができていませんでしたので、久し振りの映画感想文の掲載です。  女帝は、唐王朝滅亡後の中国が舞台になっていました。日本で、おなじみのチャンツィイーの美しさに惑わされてレンタルしてみました。  物語は、ある国の皇帝が謎の死を遂げ、美貌の王妃ワン(チャンツィイー)が新たに皇帝の座につく亡き夫の弟リーとの結婚に同意するという所から始まりました。それに、元々の恋人であった皇太子(義理の息子)がからんで、父の死が叔父である... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/15 17:58
パイレーツ・オブ・カリビアン(ワールドエンド)
パイレーツ・オブ・カリビアン3部作の3作目であるワールドエンドをやっとレンタルできたので、早速、視聴してみた。1作目は、ジャック・スパロウの活躍もあり、話題どおり面白かったが、2作目は、単に、3作目へのつなぎに過ぎず、がっかりしていた。さあ、いよいよ、3作目だということで、期待したが、最後の方まで、ジャックスパロウの活躍の場面があまりなくて、エリザベス・スワンが海賊の船長になり、海賊達の先頭に立って一大決戦を挑んでみたりと、彼女が中心のような描き方になっていたように思った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/17 08:51
デッドオアアライブ
 ケイン・コスギが出演している格闘映画だったので、レンタルしてみた。物語は、あまり聞いたことのない北海道の忍者村を扱っていた。抜け忍として兄の行方を捜すかすみと彼女を守るケイン・コスギ、それに、色んなところから集められた格闘家たち、何故か、女性が多かった。  その理由も後で調べて分かったことであるが、全世界で700万本以上を売り上げた人気格闘アクションゲーム「DEAD OR ALIVE」を原作にした作品であったからだと知った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/29 09:15
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 過去4作は、DVDを購入して、家族で何度も視聴した「ハリー・ポッター」の5作目「不死鳥の騎士団」という映画をレンタルしてきた。  グワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、随分大きくなったなあと思う。今回は、魔法省から送り込まれた防衛術を教える女性教師が、何ともおかしく、面白く描かれていたように思う。  内容は、ハリーが、親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと“ダンブルドア軍団”という騎士団を結成して、隠れて魔術を鍛えあうような場面が描かれていた。  ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/24 17:41
スパイダーマン3
 いわゆる、やさ男がスパイダーマンというクモ男に変身し、ニューヨークの町を守るというスパイダーマンの第三弾がでたので、レンタルしてみた。今回は、悪役の黒いスパイダーマンに変身して、乱暴をしたり、親友との誤解から、激しく闘ったり、砂男怪人との壮絶な闘いがあったりと、結構、楽しませてもらった。特に、親友のハリーがスケートボードのようなものに乗って、自由自在に飛び回る場面は痛快であった。  なお、スパイダーマンの恋人役のキルステン・ダンストは、先日観た「マリー・アントワネット」で主役を演じていた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 20:47
マリー・アントワネット
 アカデミー賞(衣装デザイン賞)を受賞した作品ということで、WowWowで視聴してみた。内容は、有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語で、宮廷絵巻物語であった。14歳にしてフランス王家に嫁いだオーストリアの皇女が、いじめられながらも天衣無縫に生きていく様を描いていた。日本でいうと、大奥絵巻と同じようなものであろう。デザイン賞をもらった映画ということであるが、確かに、大奥と同じように派手ではあったという位の印象であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/05 09:32
パイレーツ・アイランド
 オーストラリアのTVシリーズを再編集したファミリー向けファンタジーアドベンチャー映画ということで、どのような宝探し映画なのか興味があって、レンタルした作品です。  物語は、ゲームデザイナーである父が開発途中のゲーム『パイレーツ・アイランド』を勝手にプレイしていたケイトという主人公とその弟のニコラス、妹のサラの三人が、新型のスキャナーをいじっていて、ゲームの中に転送されてしまったことから、宝探しに巻き込まれるというお話であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/03 11:30
上海伯爵夫人
 1936年というから、私の生まれる7年も前の話であったが、上海の外国人租界(外国人所有の治外法権の土地)で、ロシア人未亡人のソフィアが家計を一手に引き受け、クラブのホステスとして働いてい.るという所から物語は始まった。ある夜、クラブを訪れた盲目の元アメリカ人外交官ジャクソンはソフィアの声に色気と悲劇性を併せ持つ理想の女性像を認識し、興味を抱いた。また、そんなジャクソンに謎の日本人マツダ(真田広之)が近づいてきた。  この三者が色々と絡み合って、結局は、助け合ったり、日本軍の上陸という使命... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/27 17:19
しゃべれどもしゃべれども
 アイドルグループTOKIOのというか、グルないゴチバトルに出ている国分太一が頑張っている映画という前評判を聞き、先ずは、小説の方を読んでいたが、ようやくDVDがレンタルできたので、改めて視聴してみた。内容は、小説の方で分かっていたので、今回は、国分太一の落語と村木少年および五月という無愛想な女性に焦点を当てて観た。  国分太一は、前評判どおり三つ葉という落語家を見事に演じていたし、村木少年を演じていた子役の森永悠希のこまっしゃくれた「まんじゅうこわい」は圧巻であったし、無愛想だが、頭のい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/25 15:48
河童
 米米クラブの石井竜也こと、カールスモーキー石井さんが監督した映画だというので、どのような河童か興味があってレンタルしてみた。世界的な報道写真家・鈴森雄太が15年ぶり日本で行った個展の場に、別れた妻との間の息子が現れたが、心臓の状態が悪化し、自分の残り時間があと僅かだと悟った雄太は勇に不思議な1個のボール″尻子魂″を手にして故郷・北川村のことを語り出すという所からスタートした。  天神沼という沼が舞台になっていて、川嵐洞には昔から河童様が村の守り神として住んでおり、男の河童は死ぬと尻子... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/19 17:59
トンマッコルへようこそ
 韓国軍、北朝鮮軍、米国空軍の兵士が、それぞれ敵対しながらも、トンマッコルという一風変わった理想郷でお互いを認め合うという過程を描いた映画であった。  無垢(むく)な少女や理想的な指導者としての村長を描きながら、韓国軍、人民軍の兵士がこの理想郷を守るべく対空砲火の基地を偽装して、村と離れた場所を空軍に攻撃させることに成功するというものであった。  政治的・歴史的な緊張構造がいまだ厳然と存在するという状態の中で、この映画が韓国で記録的な動員となったそうだ。韓国軍・北朝鮮軍・アメリカ軍の... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/16 21:05
300(スリーハンドレッド)
 早くからレンタルの申込をしていた「300」という映画やっと届いた。物語は、紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来て、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。  土地は分かるが、この時代、水も貴重な財産であったようだが、スパルタはその申し出を断り、300人の精鋭を連れて、ペルシャの100万の大軍と戦うという何とも凄惨な戦いの映画であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/11 17:51
クリムゾン・タイド
 偶然、お昼過ぎにWowWowをかけたら、クリムゾン・タイドという映画を放映していたので、そのまま視聴してみた。一息つく暇もなく、潜水艦から核ミサイル発射するどうかという展開に思わず見入ってしまった。  物語は、ロシアの過激な国粋主義者が軍の反乱派勢力と結託して、シベリアの核ミサイル基地を占拠する所から始まった。このため、アメリカと日本が核攻撃の危機にさらされ、米海軍の原潜アラバマに、一度は、核ミサイルを発射しろという命令が下ったが、途中、通信が途絶え、初期の命令を絶対に実行するという... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/11 17:39
アルゼンチンババア
 タイトルのアルゼンチンババアとは、一体、何なのか興味があり、レンタルしてみた。作家「よしもとばなな」の同名小説を映画化したものとのことであった。  妻に先立たれたことを認めたくない男とその娘が、アルゼンチンババアと呼ばれていた女性との交流を通じて、家族のきずなを取り戻してゆくという映画であった。父親役に役所広司、その娘に堀北真希、アルゼンチンババアに鈴木京香というキャストで、特に、堀北真希のとぼけたような演技が、いつみても面白さとほのぼのとした温かさを醸し出しているように思った。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/02 15:25
シャーロットのおくりもの
 いつも格闘場面の多い香港映画などを観ていたので、少し若いときに戻って、孫が観るであろう映画をレンタルしてみた。なかなか可愛くいて、心温まる映画であった。11匹の子ブタの中に、一番小さな1匹が命を絶たれそうになるが、それを見かねた少女が、その子ブタにウィルバーと名付けて、自ら母親代わりとなり、やがて子ブタは、他の動物たちとも友だちになり、なかでもクモのシャーロットと仲良くなって、言葉の贈り物を通して、何度もシャーロットに助けられ、ウイルバーが人気者になるというものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/02 15:22
トルネード〜巨大竜巻発生〜
 WowWowで放映されていたドイツ映画「トルネード」(2部構成=第1部「崩壊のサイン」、第2部「生存率0・001%」)を観た。竜巻が、ドイツの首都ベルリンを直撃し、高さ368mのテレビ塔が竜巻に呑み込まれるシーンは恐ろしいものであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/23 20:06
サンシャイン2057
 真田広之が出演しているようなので、興味があってレンタルしてみた。題名にあるように、2057年、太陽の消滅が目前に迫り、地球は滅亡の危機に瀕するとい設定であった。何でも、これを防ぐには、宇宙船・イカロス号に乗って、太陽に核兵器を打ち込み、太陽を再生させなければならないとのことで、それを実現させる為の様々な苦難に立ち向かう姿が描かれていた。  肝心の真田広之は、早々と、宇宙船の修理に船外に出て、戻れなくなってしまったので、あまり出番がなかったのは、残念であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/21 17:07
バブルへGO タイムマシンはドラム式
 題名のタイムマシンに興味があって、レンタルしてみた。国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸前の2007年が舞台となっていた、広末涼子が演ずる真弓は、元カレの借金を背負わされ、薬師丸ひろ子が演ずる母の真理子まで突然亡くなって八方塞がりであった。の真弓を、阿部寛が演ずる財務省官僚の下川路が訪ねてきて、母の真理子は死んでおらず、諸悪の根源であるバブル崩壊を阻止すべく1990年にタイムスリップしたまま行方不明になっているので、17年前に戻って真理子を探してほしいと真弓に頼み込む。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/20 17:01
ゴーストライダー
 タイトルのゴーストという言葉に興味があって、レンタルしてきました。内容は、父と共にスタントライダーをしていた主人公(ニコラス・ケイジ)が、父親が癌に冒されていることを知り、ショックを受ける。そんな彼の前に悪魔が現れ、自分の魂と引き換えに父親を助けるという契約を結んでしまった。父親の癌は治ったが、結局事故で死んでしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/16 17:30
どろろ
 待望のレンタル予約していた「どろろ」が届いたので、早速、鑑賞した。物語は、戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光(中井貴一)が、四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海(原田芳雄)の秘術によって動けるように再生された。左腕に仕込まれた妖刀と同じ百鬼丸(妻扶木聡)と名付けられ、魔物を一匹倒すごとに体の部位が1つずつ戻るという設定であった。魔物退治の旅に出た百鬼丸は野盗・どろろ(... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/14 22:03
父親たちの星条旗
 しばらく御無沙汰していた映画に関する投稿です。今回は、硫黄島の手紙に続いて、父親たちの星条旗を観ました。この映画は、アメリカ側からみた硫黄島の戦いに関する映画でした。太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に出兵していた海軍の衛生兵が、その時に撮影された星条旗を立てている所の写真によって、米国中から“英雄” と讃えられたが、実際の真実とは違うことに、悶々とした気持ちを抱き、死ぬ間際に、息子に硫黄島の真実を語ったことが描かれていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/24 15:51
不都合な真実
 地球温暖化によって人類と地球が滅亡するまでの恐怖のシナリオを、「大統領になりそこねた男」といわれているゴア元米副大統領が解説する衝撃的なドキュメンタリー作品『不都合な真実』が、数々のドキュメンタリー映画賞を受賞したとの記事を見て、レンタルしてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/27 21:01
“がばい”ばあちゃん
 戦後間もない広島。原爆症で、父親を亡くした主人公は、居酒屋で働く母親に育てられるが、夜の仕事をしながらの子育ては難しく、母親は、次男の主人公を佐賀の実家に預けることにした。自分の家よりも、更に貧乏な“ばあちゃん”の家で、最初は泣いてばかりいたが、このばあちゃん、女手ひとつで7人の子供を育て上げたのが自慢の、“がばい”(すごい)ばあちゃんで、貧乏だが、楽しく生きる哲学があり、ばあちゃんの側で、逞しい少年へと成長していく過程を描いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/21 15:33
スーパーストーム(NHK-TV 3回シリーズ)
 日本では、台風の被害が毎年のように発生しているが、世界では、ハリケーンの名称で、大きな被害が発生している。このドラマがハリケーンの進路を変えようという研究がテーマになっていたので、興味を持ち、少し調べてみた所、既に、7月に放映されていたものの再放送だったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/17 14:44
バルトの楽園
 深夜のTVで放映していたバルトの楽園を録画しておいたのを今日、観て見ました。第一次世界大戦中の徳島県鳴門市の板東俘虜収容所という所での実話を基に描いた感動ドラマということであった。  主人公の松平健が演じる口ひげが特徴的で、軍人でありながら自由と平等の信念を貫き通した所長役を演じていた。途中、自転車に乗る場面があり、曲がり角で、一旦、降りて、向きを変える場面が印象に残っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/14 09:43
墨攻
 日本でもおなじみのアンディ・ラウが主演していた日本のコミックの映画化されたものを観た。歴史スペクタクル超大作ということであった。戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていたが、10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断するという所からスタートした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/11 14:32
硫黄島からの手紙
 硫黄島からの手紙を観る機会があった。私が生まれて半年位の頃の出来事であった。第二次大戦が悪化の一途をたどっていた1944年6月の硫黄島が舞台であった。。アメリカへの留学経験があり、米軍との戦いの厳しさを誰よりも認識していた主人公の栗林中将が硫黄島に降り立った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/05 15:46
蒼き狼
 待ち遠しかった、チンギスハーンを取り扱った蒼き狼がやっとレンタルできた。800年以上も前のお話であり、部族間の争いも、日本の戦国時代のような様相であった。武器も刀、槍や矢を使う時代であった。  丁度、朝青龍問題がお茶の間をにぎわしているときに、モンゴルがテーマの映画を観たのも何か考えさせられることであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/02 15:04
犬神家の一族
 昔、横溝正史シリーズで一世を風靡した犬神家の一族が、市川昆監督のもとで、リメイクされたのを知りレンタルしてみた。物語は、既に筋書きは分かっている資産家の一族の相続問題に絡んだ殺人事件であったが、改めて、筋書きを思い出しながら、懐かしく鑑賞した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/30 15:23
中国大地震
 日本は地震列島と言われているので、昔から地震には気をつけているが、ふと、目に付いた中国大地震という文字にひかれてレンタルしてみた。中国の地震発生頻度が世界一であるということをこれを観ることで知ったのにも驚いた。この映画は、30年前の1976年に、20世紀最大の死者数を記録したという「唐山地震」というのがあって、それを描いた映画であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 15:20
ラッシュアワー2
 もうすぐラッシュアワー3がでるということで、ひとつ前のラッシュアワー2をレンタルしてきた。香港警察のリー(ジャッキー・チェン)とロサンゼルス市警のカーター(クリス・タッカー)が繰り広げるアクションとドタバタ劇は、相変わらず、楽しく、あっという間の90分であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/23 20:51
バットマン リターンズ
 最近、バットマンシリーズを見直しているが、今日、バットマン リターンズというのを観た。冒頭は、ひとりの赤ん坊が川に捨てられ、その子は奇形児だったが、やがてその子は、ペンギンたちが生棲する地下の下水道へと流されていった。30年後のクリスマスが近づいた頃、その赤ん坊がペンギン怪人となって現れるという所から始まった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/23 20:49
バットマン フォーエバー
 コウモリの衣装を着た、文字通りバットマンの作品のひとつであるフォーエバーという映画を観た。今回は、表の顔は、実業家であるバットマンが、バットマンという裏の顔に悩んで、精神科医に相談したり、恋に落ちたりと人間的な一面が描かれていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/18 10:19
守護神
 日本映画で言えば、さしずめ海猿のような海難救助を扱ったアメリカの守護神という映画を観た。冒頭から、嵐の中で、遭難した夫婦を救助する場面が出てきて、しかも、いざそのときになると、自分が助かりたいという一心で、旦那の方が裂きに助かろうとするエゴも描かれていた。人間、極限におかれるとどうなるか分からないという一面を描いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/18 10:15
デジャヴ
海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、大爆発を起こし、炎上するというショッキングな場面から始まったデジャブという映画を観た。捜査官は、爆発がテロだった事、爆発現場の近くで発見された女性の死体が殺人によるものだということを証明していく過程を描いた映画であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/15 08:43
風のファイター
 韓国で大ヒットしたという「風のファイター」をTV録画しておいたのを観た。極真空手の創始者である大山倍達をモデルにしたものであった。空手家であることは知っていたが、韓国の方だとは知らなかったし、ましてや大戦のときに、日本の航空学校に入隊していたこととか、戦前・戦後を通じて、貧困と差別の中で、日本に残って、厳しい修業していたことなどは、知るよしもなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/09 21:20
マスターオブサンダー
 日本の誇るアクションスターである千葉真一と倉田保昭が競演しているということで、興味を持って、「マスターオブサンダー」を観た。  子供達には、人気のあるデカレンジャー、仮面ライダー、ウルトラマンなどに出演していた役者さんが多数参加していたが、普段、観ることがないので、あまりなじみはなかった。そういわれれば、アクション映画の役者としては、適していたのであろう。  ただ、あまり強い印象の残らない映画であったが、この手の映画は、観ている時が楽しければ、それで、いいのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/09 21:19
ラヂオの時間
 三谷幸喜作品の「ラヂオの時間」を観た。いつものことであるが、出演者が多岐にわたって、それぞれの役者の面白さが出ていたと思う。内容的には、生放送のラジオドラマが舞台となっていて、肝心の作者である主婦を無視して、出演者のわがままで、筋書きがどんどん変わっていくと共に、辻褄が合わなくなった時に、何とか切り抜ける所とか、引退して警備員になっていた効果音の藤村俊二を引っ張り出したり、主婦の旦那までが思わず出演したりと、ハチャメチャのように見えて、何となくうまくいくというものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/07 16:10
テンペスト
 巨大台風の発達を阻止するという映画、テンペストというのを観た。以前、ツイスターという双子の竜巻の中に入り込んで、その成長過程を観察し、研究するという映画を観ていたので、今度はどんなものであるか興味をもっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/24 09:37
エラゴン
 エラゴンというドラゴンのライダー(乗り手)として、選ばれて、生まれてきた若者が主役の映画であった。  内容は、エラゴンとドラゴンが一体となって、悪をやっつけるという話であり、火を噴くドラゴンが、大勢の兵隊をやっつけたのは、爽快であった。  それにしてもこの映画のストーリーは、17歳の少年が書き上げたものが元になっていることを後で知って、驚きを隠せなかった。  話の中で、ドラゴンが先に死んだとしても、ライダーは、生き残るが、ライダーが先に死ねば、ドラゴンは後を追うという場面のことは、不思議... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/22 10:08
蒼き狼
 蒼き狼(モンゴルの英雄、チンギスハーンの物語)は、まだ、DVD化されていないが、ナビゲートDVDなるものがあったので、借りてみた。まあ、宣伝用のDVDなので、物語自身は、触りだけであったが、出演者の苦労話とか撮影風景をみることができ、DVDが発売されるのを待ち遠しく思わせた。夫婦・親子の愛と憎しみや部族間の争いのエピソードを大体、理解することができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/22 10:06
「しゃべれども しゃべれども」を読んだ
 TVの映画コマーシャルで、TOKIOの国分太一が若い落語家として主演している映画の「しゃべれども しゃべれども」を観てみたいと思ったが、DVDが出るまで待てなくて、TimeBookTownのインターネット書店で、60日レンタルした。インターネット書店は、パソコンの画面で、本を読むので、字を拡大できることが有りがたいし、格安でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/21 10:47
天上の剣
 この天上の剣は、仙人が住む天空界を描いた映画であった。日本で言う真っ赤な地獄絵図のような所に、魔王が住んでいて、仙人たちを滅ぼそうとしていた。それをどのようにしてやっつけるかという闘いに終始した映画であり、やたらと空を飛び回っていた。あんなに空を飛べると楽しいなと思いながら、よく観ていると、日本でもおなじみのチャン・ツイイーという女優さん(アジエンスというシャンプーのコマーシャルにも出ていたと記憶している)が出ていたので、親近感がわいてきて、最後まで観てしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/03 10:55
9.11への道
 まだまだ記憶に新しい世界貿易センタービルへの飛行機テロに至る経緯を扱った作品であった。あの2001年の出来事の8年前に、同じところで、駐車場に置かれた車が爆発して6人の犠牲者が出ていた。  この時、テロ専門の捜査官が容疑者を逮捕、そこから、ビンラディンの逮捕につながって、拘束したにも関わらず、米国で裁判にかけるのには消極的であったとのこと。  クリントン前大統領が、その時の大統領であった。この映画は、事実かどうかは分からないが、その前兆は、何年も前からあったという想定で、描かれたものらしい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/03 10:53
ドラゴンの秘法
 タイトルの「ドラゴンの秘法」に惹かれて、どんなドラゴンがでてくるか楽しみながら鑑賞した。主人公は、ジークフリートという名前で、伝説の英雄であるとのこと。人並みはずれたパワーをもつ人物で、そのパワーが原因で、厄介者扱いされるという、どちらかというと喜劇仕立ての映画であった。  以前、「ドラゴン」が出てくる映画を何本か観ていたので、ドラゴンの影が映るたびにどのようなドラゴンが現れるか、興味深々であった。ところが?実際に現れて、笑ってしまいました。  謎解きは、やめておきます。是非、ご覧になって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/03 10:49
フラガール
 フラガールという映画を観た。  昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話とのことであった。フラダンスショーを成功させるために頑張る炭鉱町の女性の姿を描いたもので、先生役の松雪泰子や初めて演じている所を見た蒼井優、おなじみの南海キャンディーズのしずちゃんらが、素晴らしいダンスを披露してくれていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/19 14:50
ミッション・インポッシブルV
 ミッション・インポッシブルVを観た。昔、TVでなじみの深かったスパイ大作戦のテーマに乗って、指令を確認した後は、「このテープは、自動的に消滅する」というキーワードが懐かしかった。中身は、上海を舞台に、ビル間を振り子の原理で、渡って、目的のものを手に入れたり、上海の街中を走り回ったりと、主演のトムクルーズも大忙しの映画であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/16 09:37
天軍
 「天軍」という韓国版戦国自衛隊のような映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/15 09:13
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
 自分の奥さんの難病を治療できる時代がくるまで、冷凍保存するという技術を駆使した怪人が、街を氷の王国にして支配しようと企んだのをバットマン達が阻止するという映画であった。全てを凍らせる銃を使う所から、Mrフリーズという名前をつけたのだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/10 15:55
チャイナシンドローム
 日本でも原子力発電所の事故の報道がされ、実際に被害もでていますが、この映画、その原子力発電所の事故を取り上げたものだった。  どこかの国で、マンションやホテルの耐震偽装建築問題が未だにくすぶっていますが、この発電所の手抜き工事・手抜き検査があって、大事故につながる可能性があった。  ただ、振動を感じた技術者が精神錯乱扱いされたため、最後の手段として、発電所の制御室に立てこもり、その状況を女性キャスター(美人のジェーンフォンダが演じていた)が生放送で伝えることから、市民が真実を知ることになる... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/09 15:44
日本以外全部沈没
 日本沈没と同じ小松左京の作品とのことで、タイトルに惹かれてDVDを借りてきました。内容は、あっという間に、日本以外の全世界が沈没してしまうというパロディでした。私は、パロディだと思いました。地球の構造から云っても、日本が沈没するような地殻変動は考えられても、日本以外が全部沈没してしまうようなことはありえないと思っていたら、最後は、日本も沈没してしまいました。そう言う意味では、世界沈没ということでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/05 14:29
かもめ食堂
 普段、よく見る映画は、アクション物が多いので、かもめ食堂のような、のんびりと、ゆったりとした映画は、初めてのような気がする。  何故か、フィンランドが舞台で、主役の小林聡美がおにぎりがメインの食堂を開店させたが、一向に客が入らず、たまたま、コーヒーを飲みに入った学生が初のお客で、それ以来ずっと、サービスしている。その学生が日本かぶれで、がッチャマンの歌詞を知りたいという所から、物語が少しずつ発展していった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/24 09:12
復活の日
 「日本沈没」を録画した時、併せて、同じ小松左京の「復活の日」も録画しておいたので、今日、視聴した。細菌兵器がテーマで、風邪の一種として、猛威をふるい、世界がほぼ全滅するという話であった。ほぼ、と言ったのは、零度以下だと増殖が停止するため、南極の越冬隊だけが無傷で残ったからである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/19 17:01
日本沈没
 「日本沈没」は、近くのレンタルショップでも、1枚しか置いていなくて、なかなか見ることができなかったので、WebのTUTAYAにエントリしたが、ここでもなかなか順番が回ってこなかった。モタモタしているうちに、WowWowで、放映されたので、早速、ビデオにとっておいて、鑑賞した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/15 09:31
ナイロビの蜂
 珍しくイギリス映画である、「ナイロビの蜂」というのを観た。イギリスの製薬会社が、アフリカのナイロビで、原住民を人体実験に使っており、それを弁護士の救援活動家が、明らかにしようとして、不慮の死を遂げ、あとを主人であるイギリスの外交官が、製薬会社の悪行をつきとめ、あきらかにしていく過程を描いたものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/12 16:10
地下鉄(メトロ)に乗って
 やっと届いたレンタルビデオの「地下鉄(メトロ)に乗って」を観た。昭和39年の頃にできた東京の地下鉄が舞台であった。地下鉄に乗って、主人公の少年の頃である昭和39年にタイムスリップしたという設定であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/11 16:40
バッションという映画を観た
 この映画は、イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描いていたが、凄惨な場面がこれでもかというほど描かれていたものであった。全ての罪を背負っていくということのようだが、これが、事実であれば、あまりにもひどいものだと思った。中東では、未だに、宗教戦争が続いているが、日本人には分からない、というか理解しずらい根本的な考え方の相違があるのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/22 08:51
「さらば、わが愛 覇王別姫」
 中国の京劇にまつわる映画ということで、「さらば、わが愛 覇王別姫」というDVDを借りてみた。私が生まれた年の20年近く前の1925年の北京の様子から話が始まり、京劇の養成所での厳しい訓練を経て、「覇王別姫」という演劇の男役、女役というふたり主役の愛の葛藤が中心で話が進んでいった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/18 16:39
DEATH NOTE(THE LAST NAME)
 藤原竜也と松山ケンイチの攻防に、ドキドキしながら、Death Noteを観た。内容としては、世の中の凶悪犯罪者を抹消するという、法律では、裁ききれない犯罪者を対象としたものであった。多分、凶悪犯罪が報道されるたびに、どうして、法律で裁けないのだろう、どうして再犯が繰り返されるのであろうかと、胸を痛めている方たちにとっては、痛快な映画であっただろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/14 09:27
SPY_N
 最近、関西の芸人である陣内智則と結婚した藤原紀香が出演していた香港のスパイアクションであるSPY_Nを観た。上海を部隊にした上海マイフィアの首領との闘いであった。紀香は、そのまま、NORIKAという名前で出ていたが、さすがに、スタイルが抜群で、格好よかった。最後の方で、ガラスかプラスチックの板のようなものにぶら下がって、闘っていたが、滑り落ちないのが不思議なくらいハラハラする場面であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/06 19:38
UDON
長い間待っていたUDONのDVDをやっと借りることができた。ユースケサンタマリアのとぼけた味と小西真由美のなんとも言えないおかしさが相まって、楽しくみることができた。この映画は、主役がうどんで、出演者が皆、脇役のような映画であると思った。そう言えば、もう一人、鈴木京香という美人女優が、華麗なる一族とは異なった、生きのいいお姉さん役を演じていたのも良かった。好きな女優さんの一人である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/04 08:20
華麗なる一族
 TBS日曜劇場の「華麗なる一族」というドラマをやっと見終えた。というのは、放映されていた時間には、見ることができなかったため、VTRにとっておいて、数日から、数週間遅れで見たため、今までかかったということである。このドラマは、主演に、キムタクこと木村拓哉がでていることもあって、視聴率が高いという評判であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/31 14:45
地球を守れ
 「地球を守れ」というタイトルの韓国映画をDVDで観た。韓国のSF映画は、どのようなものかという好奇心があったからだ。この映画は、自分の周りのことすべてがエイリアンの地球破壊陰謀のためだと考える青年が,エイリアンだと信じる悪徳企業の社長を誘拐し,地球を救おうとするSF風刺コメディーであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/29 21:47
ワールドトレードセンター
 「ワールドトレードセンター」という映画を観た。この映画は、まだ記憶に新しい、2001年9月11日、午前8時40分過ぎ、日本時間では、午後9時前、ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突したことから起こった出来事のひとつを取り上げたものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/18 09:55
復活!ドラゴン危機一発
 “ブルース・リーの再来”である石天龍という俳優が主演する「復活!ドラゴン危機一発 」という、カンフーアクション映画を観た。  物語は、若き武道家、タン・ロンが待ち合わせに現れない婚約者・ユエウを町中探すがみつからず、そのうち、彼女が金貸しのボス、トン・ウェイに拉致されたことを知って、救出するというものであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/18 09:50
EMPIRE(エンパイア)
 EMPIRE(エンパイア)というDVD-BOX(全6話、DVD3枚組)を一気に観た。内容は、ローマ帝国の初代皇帝となったオクタビアヌスの激動の旅と戦いの日々の中で成長していく姿を描いたスペクタクル・アドベンチャーであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/11 09:30
花田少年史(幽霊と秘密のトンネル)
 WebレンタルのTUTAYAで、新作を探していた時、偶然、タイトルにある花田少年史を見つけ、面白そうに思ったので、借りてみた。今日、家族で、観る機会があったが、予想通り、少し現実離れはしていたが、ほのぼのとした面白い映画であった。  主人公の一路少年(須賀健太)が、トラックと衝突するという大事故に遭ったことがきっかけとなって、幽霊が見えるという能力を持ってしまい、様々な出生にまつわる出来事などの真相を知り、最後は、幽霊の少女に助けられ、はっぴぃに終わるというものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/27 15:23
ウルトラバイオレット、みんなのいえを観た
<ウルトラバイオレット>  レンタル店の壁に、主役のヴァイオレットを演じているミラ・ジョヴォヴィッチの写真を見て、DVDの発売を待っていた。内容は、バイオハザードのような細菌(ウイルス)の恐怖を取り扱った作品であったが、今回は、少年に埋め込まれた抗体をめぐるものであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/29 09:01
ルパン、ファイターズレガシーの2本を観た
<ルパン>  ルパン(2004)をDVDで観る機会があった。ルパンというと、アニメのルパン三世のことは知っていたが、実写版はどのようなものか興味があったので、レンタルした。  あらすじとしては、怪盗ルパンが美人の従妹に守られ、公爵に武術を教える仕事につく。その後、王家の財宝を狙う策略家の手で、カリオストロ公爵夫人が囚われたが、アルセーヌルパンが救出し、その美貌に魅せられ恋に落ちる。実は、この夫人は、百歳以上というばかげた設定であった。霊薬で永遠の美貌と不老不死を保っているという設定であった。... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/25 20:19
エクスカリバー 聖剣伝説
 有名なアーサー王伝説の映画ということで、DVDをレンタルして視聴した。魔術師マーリンの手助けで、聖剣を持つことを許されたアーサー王が、帝国を平定するというファンタジーアドベンチャーで、3時間の長い時間ではあったが、まあまあ、楽しめた作品であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/17 08:30
パイレーツオブカリビアン(デッドマンズ・チェスト)
 待ちに待ったパイレーツ・オブ・カリビアン(デッドマンズ・チェスト)のDVDが手に入ったので、早速、視聴した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/12 14:40
タワーオブタイタンズ
 旧約聖書創世記に記されている巨人族の神殿"巨人の塔"を探索する探検家の話であった。北アフリカのサラール砂漠という所で、突如消息を絶ち、娘が探しにでかけるという物語であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/06 16:46
インザビギニング
 人類の創生からモーゼまでの時代を足早に描いたインザビギニングという映画DVDを観た。アダムとイブに始まって、アブラハム、イサク、ヨセフまでが足早に描かれ、1時間半を経過して、やっと、タイトルどおりのインザビギニングの文字が流れた時は、あれっ、もう終わったのかと思ったが、ヨセフの所から、本編に入ったようであった。その後、モーゼへと引き継がれ、海が割れる場面やモーゼの十戒という良く知っていた場面に引き継がれていった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/25 16:09
サウンドオブサンダー
 タイムトラベルを題材にしたサウンドオブサンダーという映画DVDを観た。2055年、人類が長年の夢であったタイムとラベルが実現し、恐竜が生息していた時代にタイムスリップして、狩りを楽しむというものであった。  この中で、過去の時代に行ったとき、忘れ物をしたり、何かを持ち帰ってしまうと、その後の歴史が変わるということをテーマに、実際、あるものを持ち帰ってしまっていたため、歴史が変わろうとしている様子を想定して描いていた。  最終的には、問題を起こした時代より更に過去にタイムスリップし、問題があ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/25 09:22
ファイヤーウォール
 ファイヤーウォールという映画DVDを借りてきた。インターネットを少しはかじっている者として、興味を持って視聴した。  銀行のコンピュータを管理している責任者の家族がターゲットとして狙われ、家族が人質にされたため、仕方なく協力して、大口預金者の口座から、預金をごっそり、別の口座に移してしまうという手口であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/16 21:03
キングダムオブアーク
 TUTAYA DISCASというインターネットから申込のできるレンタルDVD店に、試行的に、登録をした。1ケ月間、無料とのこと。8本まで可能で、1回当たり、2枚のDVDを送ってくれる。これを返却すると、次の2枚がくることになる。まあ、1Wに、2枚ということで、見る側としては、いい枚数だと思う。正式に契約すると、2000円/月程度かかることになるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/15 17:10
ダヴィンチコード
 長らく待っていたダヴィンチコードのDVDがやっと手に入った。謎解きが面白く描かれてあり、楽しく観ることができた。簡単に言うと、宗教戦争が描かれたような映画であったと思う。  また、13日の金曜日がどういう日であったとか、ニュートンやテンプル騎士団にまつわることも描かれており、あっと言う間の2時間であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/11 16:15
デュエリスト、MUSA(武士)、ARAHAN(阿羅漢)
 韓国の活劇ものの映画が面白いというか、気持ちがすっきりするので、時々、DVDを借りてきてみている。今回は、3本、まとめて視聴した。いずれの映画も日本の忍者映画に通じるようなものであると思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/09 09:57
雨あがる
 寺尾聡、宮崎美子主演の時代劇を観た。以前にも何かで、観た記憶か゜あったので、今回、二度目であると思う。何とも言えない夫婦のやりとりは、現代の夫婦にはあまり見られない光景であった。そうかと言って、夫の言いなりではなく、どこか芯の強さを持ち合わせた妻の役所を宮崎美子が見事に演じていた。水着のCMで出てきたときは、そのふくよかな体型で、男性陣を魅了したが、今は、立派な俳優になったと感心した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/08 20:05
THE有頂天ホテル
 長らく待っていた有頂天ホテル、レンタル店には、10巻程度置いてあったが、いつも貸し出し中で、なかなか、借りることができなかった。今日、やっと、手に入ったので、早速、視聴してみた。  長く待った甲斐のある映画であった。主役の役所広司は、勿論のこと、伊東四郎、西田敏行など、なかなか愉快な配役陣であった。中でも、オダギリジョーの一味違った一面が見れて良かったです。それと、YOUの年配の歌手役も、期待以上のいい声だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/27 20:31
イーオンフラックス
 イーオンフラックスというDVDを借りてきたので、早速、視聴してみた。もともとは、主役のイーオンを演ずるシャーリーズ・セロンのスマートな格好よさに惹かれて借りてきたものであった。  結果は、期待通り、日本の忍びに通じるような、西洋の忍びであるが如く、スカッとするアクションを見せてもらった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/27 09:45
博士の愛した数式
 博士の愛した数式とう映画をDVDで観た。この映画の原作は、以前、読んでいたので、あらすじは大体、覚えていたので、どのように表現されているのか、興味を持って鑑賞した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 15:15
県庁の星
 県庁の星という映画をDVDで観た。織田裕二と柴崎コウが主演であった。ある県庁の[キャリア (国家公務員)である織田裕二はプライドが高く、上昇志向を持つ男の役で、高等学校]を中退した柴崎コウが演ずる三流スーパー「満天堂」のパート店員との奇妙な出会いというか、柴崎コウのあの演技には、いつも驚かされる。どこか無視していながら、しっかり、空いてを見つめている役であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 14:59
阿弥陀堂だより
 阿弥陀堂だよりをDVDで見た。非常にゆったりとした映画で、長野四季折々の田舎の景色を満喫することができた。できることなら、この映画のような田舎にいずれは、住んで見たいと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/09 15:31
男たちの大和
 男たちの大和というDVD作品を観た。この作品は、戦争映画は、司令長官や艦長などの軍の上層部が主人公であったが、この作品は水兵や下士官が主人公となっていたように思う。 又、当時の市民生活や世相も描かれており、現代とは異なる思想で全ての人間が動いていたようであったる ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/07 21:28
タイフーン
 チャンドンゴン主演のタイフーンを観た。核ミサイル用の衛星誘導装置を極秘輸送中の米軍貨物船が、海賊に襲われ、船もろとも強奪されるという所から始まった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/05 16:40
V for ヴェンデッタ
  V FOR VENDETTAという映画を観た。内容は陰惨な近未来のイギリスの社会を舞台に、全体主義の政府を破壊するために暗躍する1人のアナーキスト"V"と、彼に人生を左右される人々の姿を描いているものであった。タイトルは、「VはVendetta(復讐)のV」の意味らしいが、主人公の名前もVと名乗っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/29 20:33
バットマン ビギンズ
 バットマン ビギンズという、文字通り、バットマンの誕生秘話の映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/27 15:09
ナルニア国物語
 ディズニーの「ナルニア国物語」を観た。ディズニーだけあって、子供が喜ぶような、かくれんぼで隠れるタンスに中から、ナルニア国に通じる道があるという設定で、色んな動物が、言葉を喋るのも、子供には、喜ばれる映画だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/22 09:22
レンタル映画DVDをはしご
 1年ほど前から、CDやDVDを購入する代わりに、レンタルDVD/CDのカードを登録しているが、先日、1日限りの、旧作、1本、50円という案内がきた。  早速、3本ほど借りてきたが、ここの所、忙しくて、観る暇がなかった。期日をみると、今日までだったので、朝から、家内と一緒に、DVD鑑賞のはしごをした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/20 17:42
キングコング
 キングコングという映画を観る機会があった。  最初は、少し退屈であったが、途中から、恐竜が出てきたり、キングコングが、身軽に、崖などを飛び回って、主人公の女性をまもるところあたりから面白くなってきた。  後で考えると、キングコングが女性に恋したり、高層ビルに簡単に登ったり、恐竜が暴れまわったりと、現実では、ありえないかなと思うシーンが多かったが、それなりに、楽しい3時間であった。    ひとつ感心したのは、メイクと撮影技術の進歩であった。恐竜もまるで生きているような臨場感があったし、キ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/14 09:34
ドラゴンヘッド
 妻扶木聡、SAYAKA主演のドラゴンヘッドという作品をDVDで観た。  最近、日本沈没の第二段が公開され、人気を呼んでいるようであるが、このドラゴンヘッドは、磁気が乱れ、その影響で、人間の神経もおかしくなり、地球にとって最悪な現象をテーマにしているようだ。  地球の内部には、マグマと呼ばれる熱い物体が、まるで、人間でいう血液のように流れているが、火山噴火のときに、噴出していくると、辺り一体は、あっという間の焼け野が原になってしまう。  磁気が乱れると、このマグマが地上に吹き出し、地球全体... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/14 18:50
ヴェニスの商人
 昔、本で読んだことのあるヴェニスの商人という映画を観る機会があった。どういう筋書きであったか、すっかり忘れていたが、映画が進行するにつれ、少しずつ思い出しながら、120分の刻を過ごした。  アントニオ(キリスト教徒)が、友人に用立てしたお金の期限が過ぎたため、証文にあるとおり、心臓近くの肉を1ポンド差し出すということになり、裁判が開かれたが、学者なる若い青年が、現れ、当初は、ユダヤ人の商人であるシャイロックに、証文は、その通りだが、慈悲の心で、期限は過ぎたが、返却させることで、許してやらない... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/23 16:00
奇談
奇談という、阿部寛、藤沢恵麻主演の映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/18 08:42
ギミー・ヘブン
ギミー・ヘブンという、江口洋介、宮崎あおい主演の映画を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/17 08:23
Mr. & Mrs. スミス
 Mr. & Mrs. スミスを観た。ブラッドピットとアンジェリーナジョリーの痛快アクションであった。最初は、うん?というような場面から始まり、アクションもなかったので、これは、睡眠薬かなと思っていた。  しばらくして、それぞれが、結婚生活を送りながら、殺し屋であることを隠して、行動していたが、ある時、ターゲットが、同一人物であるところから、このターゲットの殺害に失敗し、お互いが殺し屋であることを知る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/08 14:52
PROMISE(無極)を観て
 真田広之とチャン・ドンゴンの「PROMISE」を観た。お決まりの空や水の上をかけめぐる活劇であった。途中、真田広之が、間違えられて、惚れられるが、結果的には、チャン・ドンゴンとうまくいくというメロドラマ仕立てではあったが、悲しいメロドラマというよりは、活劇が一杯の中に、悲哀が込められているというような映画であった。  どの場面がどうこういうよりは、楽しい時間を過ごさせてもらったという印象であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/04 15:13
SPIRITを観た
 今日は、中国の武術映画、SPIRITを観た。今、一番、旬の俳優であるジェット・リーと日本の中村獅童が出ていた。相変わらずの、切れの良い武術を至るところで見せてくれ、あっという間の時間を過ごした。素手あり、槍あり、剣あり、ヌンチャクありと、それぞれが息詰まるような思いで、ハラハラしながら観ていた。    物語自身は、題名にSPIRITとあるように、最初は、勝つことだけが目標の武術家が、自分のしたことが原因で、母や娘を仕返しに殺されるという体験などを通して、勝つことが大切ではなく、挑戦して、お... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/23 15:35
WATARIDORIを観て
 友人に紹介されて、WATARIDORIという題名のDVDを借りてきて観た。全編を通して、 余計な解説は一切なく、大自然の様子を満喫した。それにしても自然は厳しい、第一、鳥達が生まれてくるのも誰の手を借りるでもなく、自分で殻から這い出てくるのである。  厳しい寒さや嵐に耐え、餌を求めて、何千キロも渡っていく様子は、驚異であった。  なかでも印象に残ったのは、イワトビペンギンである。海岸の急な斜面を上手に飛びながら上へと上がっていく様子は、生きていく為の知恵とは言え、感心させられた。   ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/14 09:36
レジェンドオブゾロを観て
 痛快なゾロの最新の映画を観た。予想通り、楽しく観ることができた。それにしてもキャサリンセタジョーンズという女優さんは、本当に、きれいな人である。  小生意気な子供も、最後は、父親であるゾロの役に立つことをして、楽しませてくれた。それにしても憎たらしく思うほどいい演技をしていたように思う。  この映画の中で、馬も、英語では無視し、スペイン語で反応したり、ワインをがぶ飲みしたり、タバコを吹かしたりたりとなかなかの名演技振りを見せてくれていた。  物語は、カリフォリニァ州がアメリカのひとつの州... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/13 21:05
SAYURIを観て
 可哀想な姉妹、姉は、木の性分をもつ、即ち、土地に根を張るという性格を持ち、妹は、水の性分、即ち、どこでもすり抜けて、うまく世の中を渡っていくという性格を持つという紹介から始まった。二人とも、芸者に売られていくという日本の昔には、生きていく為に、当たり前のようにあった悲しい話であった。今の我々が如何に、恵まれているかしいうこともよく分かると思う。  主役のSAYURIには、アジエンスというシャンプーのCMでお馴染みのチャンツイーという女優さんであった。この女優さんは、以前、金城武と一緒に出てい... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/13 20:59
ディープブルーを観て
 TVで、ディープブルーを放映していた。以前、観たはずであったが、あまり良く覚えていなかったので、もう一度、観ることにした。サメと人間との死闘というか知恵比べの映画であった。 この中で、興味を持ったのが、サメの脳から抽出した蛋白質を痴呆症の人の神経細胞にかけ、その神経細胞が復活するのに成功したということが物語の始まりであった。  ところで、このことは、本当なのだろうか、それとも映画の世界の架空のことなのだろうか。今、痴呆症で悩んでおられる家庭がたくさんあると聞いているので、このことが、例え、研... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/11 21:19
ダビンチプロジェクトを観て
 ダビンチコードという映画が噂になっているが、まだ、DVD化されていないので、まだ観ていません。発売されるまで待とうと思っています。そんな折、今日、レンタル店に行くと、ダビンチプロジェクトというDVDがあったので、どんなものか興味がわいたので、借りてきた。  内容は、ダビンチの絵画を盗んで、お金持ちに売りつけ、金儲けするというお話であった。盗むのに、複製を作ったり、大仕掛けなワナ(穴)を仕掛けたりと、どうなるのかと思いながら、最後まで、鑑賞した。  本物を見極めるのに、映像と絵画をチ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/07 16:01
皇帝ペンギンを観た
 今日、DVDで、皇帝ペンギンを観る機会があった。何とも可愛く、ヨチヨチ歩きする姿は、TVのニュースなどで見ていたが、この映画では、水の中から飛び上がったり、、足と手をうまく使って、素早く、氷の上を滑るように、這ったりする姿は、初めてであった。  自然の厳しさ(寒さ)を、押しくらまんじゅうをするように、たくさんのペンギンが、整然と、並んで、お互いを温めあう姿には、感動を覚えました。  また、アザラシや鳥の脅威にさらされている様子は、自然の厳しさを見た感じでした。  更に、ある程度成長すると... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/05 18:13
チャーリーとチョコレート工場を観た
 チャーリーとチョコレート工場というタイトルは、TVのコマーシャルに良く出ていたので、興味を持ち、レンタルしてきた。途中、解けないチョコレートというキーワードがでてきたので、どんなものなのかなと期待したが、結局、あまり暑い日だと、当たり前かも知れないが、チョコレートで造った城も溶けていた。  チョコレートに入っていた特別招待券を得た、一癖も二癖もある5人の子供が謎に満ちた工場内を渡り歩く内に、次々と脱落していき、最終的には、誰が、どのような形で脱落し、最後に、残るか、興味深く観ていました。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/02 20:30
フライトプランを観た
 今日久し振りに、レンタルビデオのパークスに行ったら、フライトプランのDVDが空いていたので、借りてきた。前から、早く観たかったので、早速、観てみた。期待通り、ワクワクする展開で、大変面白かった。味方だと思っていた人が、実は、主人公の女性の主人を殺し、その女性の職業(飛行機のエンジニア)にも目をつけ、子供を飛行機の中で誘拐し、女性の主人の棺に隠してあった爆弾をセットし、まんまと、金を振り込ませるという悪人であった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/30 16:30
三丁目の夕日を観て
 三丁目の夕日という映画をDVDで、観る機会があった。昭和18年生まれの私にとって、大変懐かしい風景や物、出来事が、一杯詰まっていた。今のような便利さはないが、国民皆が、前途に希望を持って、一生懸命生きていたように思う。自分の育った環境を思い出してみても、懐かしく、暖かさに包まれた時代であったようだ。戦争に負けた直後は、大変であったと親からは聞かされていたが、まだ、世間のことを何も知らなかったので、楽しいことばかりが思い起こされた。  プロレスを観るために、その時間に合わせて、銭湯へ行くという... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/11 15:11
男たちの大和を観て
 「男たちの大和」という映画を観る機会があった。自分が生まれたのが、昭和18年なので、丁度、この時期の出来事であり、2歳になる前に、戦艦大和が沈んだことになる。これを観て、戦死した者、生き残った者共に、苦しい想いをしていたことがよく分かる。戦争は、絶対に避けるべきである。  また、この映画では、長い60年という年月を経て、やっと、ひとつの区切りがついたという結末であったが、隣国の中国や韓国などとの国同志の決着は、いまだについていないということが、改めて、自分の頭の中で、鮮明になった。この映画を... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/20 17:05
久し振りに、何度目かの十戒を観て
 久し振りに、十戒という、チャールトンへストンが主役の映画を見た。何度見ても、やはり、強烈なのは、海が割れて、ヘブライの人たちが、渡っていくシーンであった。最後に、十戒がでてきたので、忘れないうちに書いておくことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/17 17:59
宇宙戦争を観て
 発売されたばかりの「宇宙戦争」というビデオを観た。ソーラフレアという炎で、町も人も一瞬の内に灰になってしまう。地割れがして、地面の中から、怪獣が現れる。この怪獣は、100万年も前に地下に埋め込まれ、計画的に、出現させたとの設定であった。三本足で、立っていた蛸を思わせるような怪獣から、いつの間にか、何本もの足が出てきて、人間の血液を吸い尽くすような話であった。最後は、地球に存在している微生物に滅ぼされるようになっていたが、途中のニュースの中に、大阪で、この怪獣を倒したという箇所があったが、少し、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/11 15:33
パールハーバーを観て
 何年振りかで、パールハーバーのビデオを見る機会があった。一度目の時は、そんなに感じなかったが、今回、ニューヨークの9.11テロやその後のイラク戦争などと重ねあわせてみると、改めて、感じたことがあった。それは、この真珠湾攻撃が、奇襲攻撃であり、戦争中であったとは言え、一種のテロに近いものであったのかなあと思った。これがあったため、最終的には、原子爆弾が日本にのみ落とされたと考えるのは、飛躍しすぎであろうか。いずれにしても、戦争やテロは、多くの人達を巻き添えにするので、絶対、あってはならないものと... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/12 09:14
敦煌を観て
 井上靖さん原作、佐藤浩市、西田敏行、中川安奈、渡瀬恒彦などが出演の敦厚をレンタルビデオで観る機会があった。ずっと、観てみたかったが、なかなか、機会がなく、やっと、念願がかなった。中国ロケというスケールの大きさにも圧倒されたが、一面が砂漠地帯という過酷な中に居住する人達の様子も伺えた。砂漠で、飲み水がないとき、長時間の後で、一気に飲ませると死んでしまうということも学んだ。少しずつ、飲まなければならないのであろう。この中にでてきた、西夏文字は、漢字より複雑で、さっぱり分からなかったが、文字の組合せ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/10 10:00
オペラ座の怪人を観て
 待ちに待った「オペラ座の怪人」のレンタルビデオを借りることができ、2泊3日(300円)が限度とのこと(待っている人がたくさんいる為)で、早速、家内と共に、鑑賞してみました。借りてくるまでは、TVのコマーシャルでしか観ていなかったので、ミュージカルであることを知りませんでした。再生して、すぐ、音声に日本語が無いことに気づき、字幕を追っかける必要があると思って、しばらくみていると、ミュージカル仕立てであることが分かり、これでは、日本語音声は、意味があまりないと思いました。肝心の中身ですが、若い頃に... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/05 20:30
北の零年を観て
  齢62にして、初めて、レンタルビデオの会員に登録し、時々、ビデオを 借りて観賞しています。昨日は、北の零年という新作ものを借りてきました。   主役の吉永小百合さんは、私の年代にとっては、永遠のアイドルであり、 60近くになっても大変きれいな方です。   物語は、明治維新のどさくさに巻き込まれた主人公が、北海道の地で、 開拓をするという、文字通り零から出発する苦労話でした。   この中で、主人公の旦那が、稲の勉強のために、札幌へ一人で出かけ ると言う場面があり、思わず、何で、一... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/19 09:01

トップへ | みんなの「映画」ブログ

○○○○○○○○○○○ ★★ツイッター★★★★ ◆◆フェイスブック◆◆◆ ○○○○○○○○○○○
楽夢大喜(kitasun)徒然日記 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる