楽夢大喜(kitasun)徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS EメールとCメールの違い

<<   作成日時 : 2017/06/07 06:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 EメールとCメールの違いについての相談があった。

画像


 Eメールはインターネット回線を使ってやりとりをするもの。メールアドレスが付与される。

 Cメールはauの携帯端末同士でのみやりとりできるショートメッセージとしてスタートし、電話回線を使ってやりとりするため、相手の電話番号がわかればメッセージを送れる。

 当初、Cメール(通称ショートメッセージ)は、auならau、docomoはdocomo同士でしかできなかったため、あまり使用されていなかったようです。今では、別々のキャリア間でのやりとりも可能になったことと、iphoneの普及(iphoneではショートメッセージが使いやすい)により、最近、また注目されているようです。

 但し、Eメールと違ってCメール(ショートメッセージ)は文字数に限りがあるが、簡単な連絡をこまめに取るときにとても重宝です。また、Eメールは通常のPCメールと全く同じで添付ファイルも送れるし、文字数の制限もない。

 要は、Cメールは相手の電話番号に送るし、相手もあなたの電話番号に送ってくるので、メールアドレスはありません。

 スマホが普及するようになって、ショートメッセージは、SMS(Short Message Serviceの略)と言われるようになって.
いる。

※文字数や費用については、「http://aozora60.at.webry.info/201604/article_25.html」に掲載しています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EメールとCメールの違い 楽夢大喜(kitasun)徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる