楽夢大喜(kitasun)徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Fisdom 「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」 Week4

<<   作成日時 : 2017/04/16 07:21   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


 「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」が始まった。

 「第4週:安全文化、安全の未来」を受講した。

第9章_「大災害にどう備えるか」第一回
第10章_「安全は誰がどう確保するのか」第二回(目次1-2)
第10章_「安全は誰がどう確保するのか」第三回(目次3-4)
第11章_「安全学で未来を考える」第四回(目次1-3)
第11章_「安全学で未来を考える」第五回(目次4)
第11章_「安全学で未来を考える」第六回(目次5-6)
【確認テスト】第4週:安全文化、安全の未来  15/15点

 今回は、福島の原発事故の分析の話がでていた。

 また、安全文化というものにも言及されていた。

 その中で、鉄腕アトムの話があり、ロボットの安全3原則(アシモフ)がでていたので、調べてみた。

 (1)ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することで、人間に危害を及ぼしてはならない。
 (2)ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。ただし、第一条に反する場合は、この限りではない。
 (3)ロボットは自らを守らなくてはならない。ただし、それは第一条、第二条に反しない場合に限る。

 また、3原則では、不足しており、新8原則というのも見つけた。

 「ロボット法 新8原則」は、人間第一、命令服従、秘密保持、利用制限、安全保護、公開・透明性、個人参加、責任という8つからなり、アシモフの「ロボット工学三原則」を踏まえつつ、同原則に代わるものだという。


------------- マイレポート  ------------

 自身の経験であるが、ドライヤーを使っていた時、電源が入らなくなった。見てみると、ドライヤー側の電源コードの中身が見えていて断線していた。
 購入してから、1年と少ししか経っていなかったので、そんなことが起こるとは思ってもいなかった。今回は、たまたま、電源が入らないということで、ケガなどはなかったが、使用中に断線し、ショートでもしていたら燃えて、火傷をしていたのかもしれない。
 何故、こんなことが起こったのか、普段の状況を思い起こしてみると、使い終わったときに、コードをドライヤー本体に強い力でぐるぐる巻きにしていた。
 また、コードのドライヤーに近い部分の補助の少ない製品であり、コードが切れる可能性もある携帯であった。
 再発防止としては、ぐるぐる巻きにしていたことが劣化を早めたと思うので、コードを本体にぐるぐるまきにして収納しないようにした。
 また、今後の教訓としては、本体側のコード部分に、断線予防の補助が付いているものも売られていたので、そのような機種を購入するようにしたいと思っている。

-----------------------------------------

 採点結果は、自己評価でも、修了条件の60%以上に達せず、下記の通り。

画像


 結果的に、課題の方は、60点/75点=80%だったが、

 レポートが、40点/100点=40%だったため、

 トータルで、100点/175点=57%となり、修了条件の60%に達しなかった。★残念★






 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこれを受講していて、後は課題レポートを出すだけなのですが、提出締切 5/20 、相互評価開始 5/27 なので、まだ何も考えてません。もう課題レポートのテーマ・製品などは決まりましたか?
T_NAKA
2017/04/18 01:49
T NAKAさん、コメントありがとうございます。
課題は、体験したドライヤーのショート・断線について書きました。
手元のところが断線し、火傷の可能性もありました。
楽夢大喜(kitasun)
2017/04/18 06:50
やっと相互評価の割り当てが出来たようです。昨日5人の方の評価を実施したところ、本日自分の採点が出てきました。
もう相互評価をおやりになりましたか?
T_NAKA
2017/06/01 09:36
T_NAKAさん、コメントありがとうございます。
はい。ただ、私の採点は、まだのようです。
いずれにしても、F社がからんでいるのに、システムがおかしいです。
楽夢大喜(kitasun)
2017/06/01 14:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
Fisdom 「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」 Week4 楽夢大喜(kitasun)徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる